twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

#ART

[印象派の傑作が上野に大集結!]マネが描いた女性の視線のナゾを解く
[印象派の傑作が上野に大集結!]マネが描いた女性の視線のナゾを解く

知識

[印象派の傑作が上野に大集結!]マネが描いた女性の視線のナゾを解く

印象派の殿堂・コートールド美術館選りすぐりの名作を読む。

September 10, 2019

北大路魯山人「食」と「美」への情熱
北大路魯山人「食」と「美」への情熱

知識

北大路魯山人「食」と「美」への情熱

多くの創意工夫で「昭和の陶芸」に大きな足跡を残した北大路魯山人。そこで魯山人の美へのこだわりを、実際に料理を盛りつけた写真とともに紹介します。

July 11, 2019

不世出の大芸術家・魯山人が生み出した陶芸とは
不世出の大芸術家・魯山人が生み出した陶芸とは

知識

不世出の大芸術家・魯山人が生み出した陶芸とは

昭和の「美と食」を語るときにはなくてはならない存在の北大路魯山人(きたおおじ・ろさんじん)。魯山人の代表作品を中心に、その技法や特徴を『美と食の天才 魯山人ART BOX』(黒田草臣著)を参考に鑑賞してみました。

July 9, 2019

あの運慶が修理を担当!? 仏像研究の第一人者から教わる東寺展の仏像のみかた
あの運慶が修理を担当!? 仏像研究の第一人者から教わる東寺展の仏像のみかた

知識

あの運慶が修理を担当!? 仏像研究の第一人者から教わる東寺展の仏像のみかた

東京・上野の東京国立博物館(東博)で開催中の特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」は、連日多くの参観者が訪れて活況を呈しています。今回は日本の仏像研究の第一人者、水野敬三郎先生に、仏像のつくり方やつくった人たちなどについてうかがいました。

May 21, 2019

空海ゆかりの仏像が東京にやってきた!  仏像研究の第一人者から教わる、東寺展の「仏像のみかた」
空海ゆかりの仏像が東京にやってきた!  仏像研究の第一人者から教わる、東寺展の「仏像のみかた」

知識

空海ゆかりの仏像が東京にやってきた! 仏像研究の第一人者から教わる、東寺展の「仏像のみかた」

東京・上野の東京国立博物館(東博)で開催中の特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」は、1200年の歴史を伝える京都・東寺の文化財の全貌を紹介する展覧会です。今回は日本の仏像研究の第一人者、水野敬三郎先生に、東寺展の仏像について教えていただきました。

May 8, 2019

未公開作品、相次いで新発見。家光ブームが止まらない
未公開作品、相次いで新発見。家光ブームが止まらない

知識

未公開作品、相次いで新発見。家光ブームが止まらない

「家光ブーム」の火付け役、東京・府中市美術館で開催中の「へそまがり日本美術」展。《兎図》や《木兎図》《鳳凰図》などの出品作品が、「ゆるい」「ヘタウマ」「かわいい」と、大きな話題を呼んでいます。そして、ブームに追い打ちをかけるように、先日、家光・家綱父子の未公開作品が2点、発見されたというニュースが発表されました。

May 1, 2019

母の日に、ソープ・カービングでやさしい香りのプレゼント!
母の日に、ソープ・カービングでやさしい香りのプレゼント!

知識

母の日に、ソープ・カービングでやさしい香りのプレゼント!

「手のひらサイズの芸術」として日本でも静かなブームのソープ・カービング。今回は『DVDでできる!はじめてのソープ・カービング』の著者・加藤えり先生に、真っ赤な石けんを削って作るカーネーションを教えていただきました。エレガントなギフトで、ほっとする時間をお母さんにプレゼントするのはいかが?

April 25, 2019

今くずし字講座が人気!角田恵理子先生の読み方のコツ
今くずし字講座が人気!角田恵理子先生の読み方のコツ

知識

今くずし字講座が人気!角田恵理子先生の読み方のコツ

展覧会の会場などで、画の横に書き込まれた文字を、「なんて読むんだろう」と思ったことはありませんか? 『国芳も春画も読めるわかる はじめてのくずし字教室』の著者・角田恵理子先生に読み方のコツを教えていただきました。

April 12, 2019

ヘタウマ、おとぼけ、へそまがり!! 今、もっとも熱い展覧会「へそまがり日本美術」展の原点を探る。
ヘタウマ、おとぼけ、へそまがり!! 今、もっとも熱い展覧会「へそまがり日本美術」展の原点を探る。

知識

ヘタウマ、おとぼけ、へそまがり!! 今、もっとも熱い展覧会「へそまがり日本美術」展の原点を探る。

もふもふのウサギや「ぴよぴよ鳳凰」など、徳川家光のゆるカワな絵で人気を集めている「へそまがり日本美術」展(@東京・府中市美術館)。決してきれいとは言えないもの、完璧ではないものになぜか心惹かれる「へそまがりの感性」に注目して日本美術史を捉え直す、その新しい視点で脚光を浴びている展覧会ですが、じつは、その原点には、一冊の本がありました。

March 28, 2019

「本物」の江戸絵画をじっくり堪能! 尾形光琳の心を動かすデザイン
「本物」の江戸絵画をじっくり堪能! 尾形光琳の心を動かすデザイン

知識

「本物」の江戸絵画をじっくり堪能! 尾形光琳の心を動かすデザイン

近年の国芳人気は凄まじい。展覧会や出版物の数もそれを物語っているが、非常に興味深いのは、特に若い人たちを中心に、古美術としてではなく、アニメーションやマンガと同じように、まるで現代の作品であるかのように楽しまれているという点だ。そんな人気の中心にあるのが、この《相馬の古内裏》。

March 26, 2019

fllow us fllow us