twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

知識

印刷した年賀状に手書きメッセージは必要? 意外と知らない年賀状のマナー

知識

印刷した年賀状に手書きメッセージは必要? 意外と知らない年賀状のマナー

気が付けば今年もあとわずか。平成最後のお正月、年賀状にも気合を入れて……とはりきっている方も、たぶん今年も紅白を見ながら書くことになりそう(!)という方も必読! 大人は知っておきたい、意外と知らない年賀状のマナーを、手紙に関する書籍を多数執筆している中川越さんの著書『実例 大人の基本 手紙書き方大全』よりご紹介します。

December 13, 2018

知識

「うわぁ、キレイ!」と思わせるプロのトイレ掃除術

来客があると使う可能性が高いトイレ。みなさんは、自信を持って貸せますか? トイレは狭い空間だからこそ、ドアを開けたときにパッと明るい印象にしたいですね。きちんと全体を仕上げれば、驚くほど清潔感は出てくるもの。そこで掃除のエキスパートミッシェル・ホームサービス監修の『プロの凄腕お掃除コツとワザ』より、プロのトイレ掃除術を紹介します。

December 12, 2018

知識

中谷美紀さんはなぜ、あの直筆コメントを書けたのか!? 知ってるだけであなたの手紙の"格"が上がる基本マナー!

“達筆すぎる”と一躍話題となった、中谷美紀さんの直筆の結婚報告ですが、「“私”や“私こと”を小さく書いて、行のはじめに置かない」「固有名詞を2行に分けない」“は”“が”“を”が行のはじめにこないように改行する」など、文面も手紙のマナーを知らないと書けない内容!「まさに才色兼備」「マナーわかってる!」と巷でも絶賛の嵐です。手書きの手紙を書く機会が激減したいまだからこそ、手紙のマナーを知っていると、ビジネスでもふだんのお付き合いでも、中谷さんのように一目置かれる存在になれるかもしれません。そこで、知っているだけで手紙の“格”が上がる基本マナーを、手紙に関する書籍を多数執筆している中川越さんの著書『実例 大人の基本 手紙書き方大全』からご紹介します。

December 12, 2018

知識

著書も大反響! 上馬キリスト教会が教える、イエス=キリストの弟子たちのとほほエピソード

Twitterで7万7000人を超えるフォロワーを集める人気アカウント、上馬キリスト教会。初の著者『上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門』では、そのゆるい世界観で、聖書の面白エピソードをたくさん紹介しています。執筆を担当した「中の人」のまじめ担当、横坂剛比古さんがなかでも「力を入れて書いた」というのが、イエス=キリストの直弟子にあたる「使徒」を紹介した「使徒列伝」です。そこにこめた思いとは――?

December 11, 2018

知識

片づけ・除菌・消臭が一度にできる! 達人が教える冷蔵庫の徹底掃除術

扉を閉めてあると気づかない、中に入って掃除できない冷蔵庫は、汚れも掃除のしかたもちょっと特別。冷蔵庫の外側は、前面、天面、床、背面とそれぞれに汚れの種類が違います。そこで“冷蔵庫と食品保存のスペシャリスト”としてテレビや雑誌で活躍中の島本美由紀さんに、冷蔵庫の掃除のしかたを教えていただきました。 週末など食品が少なくなるタイミングがおすすめ。汚れが気になるほどでないうちに実行すれば、時間と手間をぐ~んと省けます。

December 8, 2018

知識

Twitterで大人気! 上馬キリスト教会が、ゆるゆるな聖書入門を書いた理由

「笑いながら聖書に親しんでもらう」をコンセプトに、Twitterで連日面白ネタをつぶやき、人気を集める上馬キリスト教会(@kamiumach)。初の著書『世界一ゆるい聖書入門』では、140字という枠を超えて、聖書の面白エピソードを紹介しています。メインで執筆を担当した「中の人」まじめ担当の横坂剛比古さんに、本に込めた思いをうかがいました。

December 7, 2018

知識

Twitterで大人気! 初の著書も上梓。「上馬キリスト教会」を知っていますか?

東京都世田谷区。駒沢大学駅を降りて玉川通りを西へ。駒沢の交差点を世田谷方面に曲がるとほどなくして、可愛らしい教会が現れます。いま、Twitterで一般のアカウントながら7万7000を超えるフォロワーを集め、独自のゆるい世界観で聖書やキリスト教について積極的にツイートし大人気となっている、上馬キリスト教会です。

December 6, 2018

知識

「やばい自撮り」が気になるように......西洋絵画の「へんな自画像」から目が離せない!!

日を追うごとに長くなる入館待ちの行列で話題のムンク展(@上野・東京都美術館)。目玉はもちろん、誰もが知る《叫び》ですが、その一方で、世にも恐ろしい自画像が密かな注目を集めています。考えてみると、西洋絵画には「へんな自画像」がいっぱいです。どうしてでしょうか? 評論家の山田五郎氏の著書『へんな西洋絵画』を紐解きつつ、その答えを探ってみました。

November 29, 2018

知識

【イベント決定!】食から読み解くフェルメールの魅力

上野の森美術館で開催中の展覧会が大盛況のフェルメール。フェルメールが生きた17世紀のオランダでは、人々はどんな暮らしをしていたのか、そしてどんな物を食べていたのか……。それを知ることで、フェルメールの名画がもっと身近なものになるはずです!画家と食について研究を続けているキュレーター・林綾野さんの著書『フェルメールの食卓』から、当時の興味深い食生活についてご紹介します。

November 26, 2018

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本