twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

おいしい

1つの鍋で2度おいしい! アレンジ料理「梅しゃぶしゃぶ」

おいしい

1つの鍋で2度おいしい! アレンジ料理「梅しゃぶしゃぶ」

簡単に作れて温まる鍋料理ですが、いつもの味つけに飽きてきた……。そんな時は料理のプロが教えるアレンジレシピに挑戦してみてはいかがでしょう?

January 21, 2019

おいしい

一年中使える土鍋活用レシピ「土鍋職人が教えるカリカリチキン」

土鍋といえば“鍋料理”や“お米を炊く”というイメージがありますが、伊賀焼の窯元「圡樂」の福森道歩さんに一年中使える土鍋レシピを教えていただきました。

November 21, 2018

おいしい

12月15日開催!フェルメール 画家の魅力と食を楽しむ夕べ

上野の森美術館で開催中の展覧会が大盛況のオランダの画家・フェルメール。その魅力を、画家の生涯や当時の暮らし、特に食生活を通して読み解く講演会を開催します。講師は、『フェルメールの食卓』をはじめ多数の著書を持つキュレーターの林綾野さん。パンプディングやマスタードスープなど、書籍に掲載されているスペシャルメニューが味わえる食事会つきです。

November 20, 2018

おいしい

ボルドーの価格変動にみる、世界のワイン市場が新時代に突入した瞬間とは

『世界の名酒事典』創刊から40年の価格変動で読み解く、日本のワイン市場。これまでブルゴーニュをみてきましたが、今回は同じフランスのもうひとつの雄、ボルドー。その価格変動をみていくと、ワイン界で最も影響力のある人物の一人が浮かび上がってきました。

November 16, 2018

おいしい

マニア垂涎のDRCの価格で見えてくる!? 40年前の国内ワイン市場

前回は、世界最高峰ワイン「ロマネ・コンティ」の価格を追跡しました。ロマネ・コンティの生産者DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)は、かの名酒のほかにもいくつかのワインを造っています。ロマネ・コンティは無理でも、他のDRC銘柄なら……と、やはりマニア垂涎、最新ヴィンテージでもン十万円は当たり前。果たして、40年前の価格は?

November 15, 2018

おいしい

40年間の価格を追跡! 世界最高級ワイン、ロマネ・コンティは、いつから高くなったのか?

講談社刊『世界の名酒事典』が、2018年のボージョレ・ヌーヴォー解禁日である11月15日(木)発売の最新号で、創刊40周年を迎えます。その最新号では、記念特集として、創刊号の復刻記事を一部再録しています。今となっては貴重な、創刊当時の酒事情から、本日は誰もが一度は耳にしたことのある、世界最高峰のワイン「ロマネ・コンティ」がどれくらいの価格だったのか、ご紹介します。

November 13, 2018

おいしい

今年もやってきましたヌーヴォーの季節! ボージョレ・ヌーヴォー、50年の歴史

毎年、ボージョレ・ヌーヴォーの解禁日「11月の第3木曜日」に発売される本があります。『世界の名酒事典』(2019年版・講談社)はウイスキーからワインまでを網羅した日本で唯一のお酒の総合事典。今年で40年続いています。この『世界の名酒事典』の編集に長年携わってきた担当編集者の石橋尚樹さんに、1967年から続く「ボージョレ・ヌーヴォーの50年史」を教えていただきました。

November 8, 2018

おいしい

余ったギョーザの皮で作る「小林カツ代さんのお菓子レシピ」

家でギョーザをつくると、最後に数枚だけ皮が余ってしまうことってありますよね。そんな時は、ギョーザの皮をパリパリのおやつとして楽しんでみませんか? 今回は『かんたん家計ノート2019』の小林カツ代さんの料理特集から、あまったギョーザの皮をおいしく食べきるレシピを紹介します。

November 5, 2018

おいしい

たったそれだけ?! いつもの味が激変! 小林カツ代さんのポテトサラダの作り方

「当たり前のものほど最高においしくないとダメ」が料理研究家の小林カツ代さん流のコンセプト。手間を省き、なんでも簡単に、というのは間違っていませんが、おいしく作るには、やはり外せないポイントがあります。そこで、『かんたん家計ノート2019』で特集している小林カツ代さんの「定番の副菜レシピ」から、ポテトサラダの作り方を紹介します。

November 2, 2018

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本