twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

おいしい

なじみの料理もおもてなしの一品に! 料理家 藤野嘉子さんの「車麩のすき煮」レシピ

おいしい

なじみの料理もおもてなしの一品に! 料理家 藤野嘉子さんの「車麩のすき煮」レシピ

秋がたけ、里山から味覚の便りが届くと、親しい人を招いて賑やかに食卓を囲みたいものです。おもてなし料理となると、つい気を張ってしまいがちですが、家庭ならではの料理で一工夫。奇を衒(てら)わず、なじみの料理で旬の恵みを堪能してみてはいかがでしょう。

October 19, 2018

おいしい

料理家SHIORIさんちの 「ゆるつま」レシピ③ お酒のあとに「やっぱり食べたい、シメご飯」

結婚6年目の料理家・SHIORIさん夫婦は、お互いが仕事で忙しい毎日を送っています。 多忙な生活の中で大切にしているのが、夜の晩酌時間と言います。その日の出来事や相談事を話しては、一日の疲れを癒すのだとか。

November 22, 2017

おいしい

城川 朝さんのラクしておいしい あつまりごはんの極意②【子供の多い会】

仲よしの子供の友達を何人か家に呼ぶとき、どんなメニューが一番喜ばれるでしょうか?アメリカ在住経験が長く、100回以上ホームパーティをこなしてきた料理研究家の城川朝さんは「ふだん子供が大好きな、なじみのある料理を3品作ればOK!」と言いきります。

November 20, 2017

おいしい

どこかほっとする味わいの配合。 行正り香さんの「肉じゃが 七ちゃん煮」 【動画つき】

料理家の行正り香さんの、おいしいだしの配合は「七ちゃんだし」。著書『レシピのいらない和食の本』から、おふくろの味をイメージした「肉じゃが 七ちゃん煮」レシピの紹介です。

November 18, 2017

おいしい

料理家SHIORIさんちの 「ゆるつま」レシピ② 「フライパン、鍋いらず。5分で乾杯!」な、おつまみ

「私たち夫婦の今の生活の中で、夜の晩酌時間は大切な会話時間になってます」と料理家のSHIORIさん。「だから、夫が仕事から帰ってきて『おなかすいた!』って言われたら、一刻も早く“とりあえずなにか”を食べさせたい。そんなときはコンロも使わず、パパッと1品。食材の相性さえよければ、のせるだけ、混ぜるだけで十分おいしいんです」

November 17, 2017

おいしい

料理家SHIORIさんちの 「ゆるつま」レシピ① おかずにもなる「肉、肉!」な、おつまみ

2人で楽しむ食卓は「がんばる料理」ではなく、「がんばらなくてもウマい料理」がちょうどいい。おかずにもなるつまみ料理が毎日の時間と心の余裕を生み出します。

November 15, 2017

おいしい

今年もやってきましたヌーヴォーの季節! ボージョレ・ヌーヴォー、50年の歴史

毎年、ボージョレ・ヌーヴォーの解禁日「11月の第3木曜日」に発売される本があります。『世界の名酒事典』(2018年版・講談社)はウイスキーからワインまでを網羅した日本で唯一のお酒の総合事典。今年で39年続いています。この『世界の名酒事典』の編集に長年携わってきた担当編集者の石橋尚樹さんに、1967年から続く「ボージョレ・ヌーヴォーの50年史」を教えていただきました。

November 15, 2017

おいしい

城川 朝さんのラクしておいしい あつまりごはんの極意①【シニアが多い会】

料理研究家の城川朝さんはアメリカ在住経験が長く、100回以上自宅に人を招いたという、おもてなしの達人です。ホストもゲストも気負わず「あつまり」を楽しむ秘訣を、著書『ラクしておいしい あつまりごはん』から紹介していただきます。

November 14, 2017

おいしい

料理家・上田淳子さんの オーブンシートを使うだけでラクに! 新つくりおき

忙しいとき、もう1品ほしいときに助かると、おかずをつくりおきしている人も多いかと思います。冷凍しておけばさらに長く保存できるから便利! そんなとき保存容器やジッパーつきのポリ袋に入れて冷凍保存をしていませんか? 

November 13, 2017

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本