twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

【汚文字部長の美文字チャレンジ】ついに成果が!ひらがなを上手く書くルール

twitter
facebook

【汚文字部長の美文字チャレンジ】ついに成果が!ひらがなを上手く書くルール

twitter
facebook

美文字研究家・青山浩之先生の新刊発売を記念した特別企画、美文字チャレンジ。 第1回、第2回で丁寧に見える字のポイントや、漢字の書き方ルールを学んだ佐野部長。DVDを見ながら1週間練習した成果は? 第3回目は、書く頻度がもっとも高い「ひらがな」をマスターします!

DVDを見ながら1週間練習した成果。

DVDを見ながら1週間練習した成果。

佐:見て、こんなに宿題頑張っちゃったよ!

担:おお、素晴らしい。DVDに出てくるお絵描きトレーニングもしてくださったのですね。

佐:もちろん。DVD、最初から見たからね。
あ、そうだ。DVDの中で、ペンの持ち方と姿勢が詳しく紹介されていたんだけど、自分の字が下手な原因は、持ち方と姿勢にもあるんだな、と思った。

担:よくご自分で気づかれましたね。偉いです。

佐:体が斜めになっているから、文も斜めになるんだよね。最初に書いた文って、右に曲がってきているもんね。

すべての行が、きれいに斜めに曲がっている。

すべての行が、きれいに斜めに曲がっている。

佐:それから、手を固定する位置なんだけど、今までは小指の側面までべったりと机にくっつけていたのね。だから字の右側が上手く書けないんだな、って。本当は、手首寄りの部分だけでいいんだね。

下から見た写真。小指までべったりつけるのはNG。

下から見た写真。小指までべったりつけるのはNG。

手首寄りの部分だけをつけると、指が動かしやすくなる。

手首寄りの部分だけをつけると、指が動かしやすくなる。

ひらがなを書く時のコツ① 右回りのルール

担:第3回目の今日は、手書きの中でももっとも書く頻度が高い「ひらがな」を練習しましょう! さあ、まずは「の」という字を書いてみてください。

佐:なんだか、小学生になった気分だけど、まあいいや。

担:うーん、ちょっと書くスピードが速いですね。佐野さん、車は運転しますか? 車でカーブを曲がるときって、スピードを落としますよね? ペンも同じです。スピードが速いと、上手く曲がれず、思いもよらない方向にペン先が走ってしまうんですよ。だから、曲線の部分はブレーキを踏むイメージで、ゆっくりと書いてください。

ゆっくり書くと、思った方向にペン先が進みます。

ゆっくり書くと、思った方向にペン先が進みます。

ひらがなを書く時のコツ② 猫のお尻ルール

担:次に、猫のお尻ルールです。

佐:変な名前のルールですね。

担:佐野さんの「あ」という字はカーブが下に下がっていますよね。このカーブを、猫がぐーっ伸びをしたときのお尻の形のようにちょっと右上がりにすると、かっこいい「あ」になるんです。「あ」の他にも、「お」や「わ」、「め」、「ぬ」もこのルールが当てはまります。

カーブを右上がりにすると、大人っぽい美文字になる。

カーブを右上がりにすると、大人っぽい美文字になる。

ひらがなを書く時のコツ③ 折れのルール

Beforeの「て」は数字の2、「ろ」は数字の3にも読める。  折れるところをしっかり折ったら、きちんとした文字に変身!

Beforeの「て」は数字の2、「ろ」は数字の3にも読める。 折れるところをしっかり折ったら、きちんとした文字に変身!

担:ひらがなは、やわらかな曲線が多いので、なめらかに書くと美しく見えるのですが、ただ、その中でも「折れ」るところはきっちり「カク」っと「折る」と、メリハリのある字になります。佐野さんの字、例えば「て」や「ろ」は、角が丸くなっていてだらしない字に見えますので、気を付けて書いてください。

佐:なるほど、ひらがなもメリハリが大事なのね。「カク」は、「ピタ・カク・ピト」で相当練習して、かなり得意になってきているから、すぐにできるはず!

ひらがなを書く時のコツ④ へ結び・く結びのルール

担:さて、ひらがなの最後のルールです。ひらがなには、「ま」や「む」など、クルッとまるめる「結び」部分がありますよね。この結びの形を上手に書くコツがあるんです。まず、「ま」や「よ」のような形が横長の結び。これは、ひらがなの「へ」を書くように結びます。さあ、やってみてください。

佐:へぇ〜、いつも成り行きでくるっと丸めてたよ! 角をつくるといいんだね。

結びに2ヵ所角をつけて「へ」の形をつくると、美しい字に。

結びに2ヵ所角をつけて「へ」の形をつくると、美しい字に。

担:次に、「す」や「む」のような縦長の結び。これは、「く」という字を下から上へ書くように結びます。そうすると、きれいな三角形の結びができますよ。

佐:下から「く」か、どれどれ……。お、上手にできた!

間の抜けた「す」が、大人っぽい字に変わった!

間の抜けた「す」が、大人っぽい字に変わった!

担:おお、あっという間に上手になりましたね。なんだかすぐできちゃったので、ちょっとつまらないです。

佐:やった~! 終わった~!!

解放されて、はしゃぐ佐野さん。

解放されて、はしゃぐ佐野さん。

担:では、宿題としてこのひらがなのページ、全部やっておいてください。

佐:……はい。

担:次回は青山先生の筆ペンレッスンです。筆ペンで美文字が書けるように、しっかり習ってくださいね。

DVD付き 大人の美文字が書かける本

著者 青山浩之

DVD付き 大人の美文字が書かける本

著者 青山浩之

「大人の美文字」をテーマに、ペンの持ち方、リズムと筆圧、美文字ルールなどの著者のメソッドを余すところなく掲載。さらに美文字だけでなく美しい手紙や書面を書くうえでのレイアウトのポイントや、文例集、大人のマナーまで網羅した贅沢な一冊。著者自らわかりやすく解説する美文字レッスンが収録されたDVDは110分とたっぷりの映像で、楽しみながら、視て読んで必ず身に付く「大人の美文字」練習帳の決定版。

profile

青山 浩之(あおやま ひろゆき)

青山 浩之(あおやま ひろゆき)

横浜国立大学教育学部教授。美文字研究家。書家。全国大学書写書道教育学会常任理事。1968年生まれ。書写・書道教育の指導論及び授業の研究、文部科学省検定教科書の手本執筆や編集、またテレビ番組の講師など多方面で活躍。『さらばクセ字! 初めての美文字レッスン』(NHK出版)、『女子力が上がる 美文字練習帳』(日経BP社)、『DVDですぐ上達! 10日で「美文字」が書ける本』(講談社)など著書多数。

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本