twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

今年は手作りケーキでホームパーティ! 初心者でも失敗しない荻田尚子さんのショートケーキ

twitter
facebook

今年は手作りケーキでホームパーティ! 初心者でも失敗しない荻田尚子さんのショートケーキ

twitter
facebook

一度は作ってみたい憧れのケーキ。クリスマス、ホームパーティ……とこれからの時期、おいしい手作りのケーキが出てきたら、「わぁ~すごい!」とよろこばれること間違いなしです。「初心者でも失敗なくお菓子作りができる」とレシピに定評がある荻田尚子さんの『決定版 何度も作りたくなるお菓子の基本』(講談社)から、おいしくて、テーブルが華やぐ、いちごのショートケーキのレシピとコツを紹介していただきます。

材料の準備と計量をきちんとするのが成功の近道
お菓子作りはむずかしそうに思えるけれど、レシピ通りに作れば初心者でもできます。まずは作る前に、作り方の流れを頭に入れておき、材料と道具を揃えること。そして、材料を正確にはかっておくこと。準備をきちんとしておくと、作業がはかどり、思わぬところで時間を取られることはありません。ショートケーキ作りの成功の秘訣は、卵をしっかり泡立てること、粉を入れたら混ぜすぎないことです。準備ができたら、さぁ、スタート。

いちごのショートケーキ

■材料
直径15cmの底が抜ける丸型1台分

〈スポンジ生地〉
卵…2個
砂糖…60g
薄力粉…60g
バター…20g

〈シロップ〉
砂糖…10g
水…大さじ2
キルシュ(好みで)…大さじ1/2~1

〈ホイップクリーム〉
生クリーム…300ml
砂糖…25g

〈仕上げ〉
いちご…1パック(約300g)



■作り方

スポンジ生地作りから

① 最初に卵と砂糖を混ぜます。このとき砂糖が卵液に吸収されると、固まってしまうので、すぐに混ぜるのがコツ。湯せんにかけて混ぜ、人肌くらいに温まったら、次はハンドミキサーで「高速」で2分、「低速」で1分ほど泡立てて、きめをととのえます。

② ふるった薄力粉をふり入れます。粉が見えなくなったら、溶かしバターを手早く加え、混ぜます。

③ バターの筋が見えなくなったら、すぐに型に入れ、型を台の上に1~2回落とします。これは大きな泡をとるためです。

生地をオーブンで焼きます

④ 生地は180℃のオーブンで20~25分焼きます。オーブンは予熱しておくのを忘れずに。中心に竹串を刺して生地がついてこなければ焼き上がり。つくようなら5分を目安にさらに焼きます。

⑤ オーブンから出し、20cm程度の高さから型を台に落とします。これは生地の中の水蒸気を出し、生地の中央がへこむのを防ぐため。型をはずし、オーブンシートをつけたまま冷まします。

⑥ 冷めたら、シートはがして厚みが半分になるように切ります。

ホイップクリームを塗って、デコレーションを

⑦ 砂糖と水を混ぜて、電子レンジで1分ほど加熱。冷めたら、好みでキルッシュを加えて混ぜます。シロップを作り、生クリームは七分立てに。

⑧ さぁ、いよいよ仕上げ。シロップをスポンジの切り口にしみこませ、ホイップクリームを塗ります。クリームはパレットナイフで左右に大きく動かして、均一に塗り広げます。クリームをパレットナイフで、触りすぎるとぼそぼそになってしまうので気をつけましょう。いちごの半量をへたを取って半分に切り、すきまなくのせたらクリームを広げます。

⑨ スポンジの上側の焼き目を下にしてのせ、切り口にシロップを塗ってクリームを薄く塗り広げ、下塗りをします。さらにクリームをパレットナイフで全体に塗り広げます。

⑩ 残ったクリームを八分立てにし、絞り袋に入れて全面に絞りだし、葉つきのいちごを半分に切って飾って、出来上がり。

冷蔵庫で冷やして食べるといっそうおいしい!

できあがってすぐ食べてもおいしいけれど、冷蔵庫で2~3時間冷やして食べると、生地がクリームになじんでおいしい。翌日まではおいしく食べられますが、10℃以下で保存すること。10℃より高いと生クリームがぼそぼそしてきます。

●『決定版 何度も作りたくなるお菓子の基本』より

決定版! 何度も作りたくなる お菓子の基本

著者 荻田 尚子

決定版! 何度も作りたくなる お菓子の基本

著者 荻田 尚子

シフォンケーキ、カップケーキ、マドレーヌ、クッキー、アップルパイ、シュークリーム、プリン、アイスクリーム……作りたい、食べたいお菓子ばかり。初心者でも作れるような丁寧なプロセス写真とコツが満載です。

profile

荻田尚子(おぎた・ひさこ)

荻田尚子(おぎた・ひさこ)

1969年生まれ。東京・武蔵野市在住。大学卒業後、エコール 辻 東京(エコール・キュリネール国立製菓専門カレッジ)で学ぶ。東京・青山のフランス菓子店「シャンドン」に2年間勤務ののち、料理研究家・石原洋子氏のアシスタントに。現在は雑誌やテレビなどで幅広く活躍中。初心者でも失敗なく作れるケーキのレシピに定評がある。著書に『魔法のケーキ』『魔法のケーキplus』(以上、主婦と生活社)など多数。

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本