twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

料理家・本田明子さんのおせち作り「黒豆」

twitter
facebook

料理家・本田明子さんのおせち作り「黒豆」

twitter
facebook

縁起物のおせち料理には「少しでも手作りのものを加えたい」と思っていても気が付けば今年もあと何日……。そんな思いで年末になってしまう人も多かったかと思います。今年の年末はステイホームになりそう。そんな時こそ、おせち料理に挑戦してみてはいかがでしょう?

おせちは時間をかけて作る料理が多いですが、難しいことは何もありません。黒豆は材料もシンプルですが、ていねいに煮ることでおいしい煮豆になります。ポイントはとにかく煮汁から豆の頭が出ないように静かに静かに煮ること。それだけでピカピカの黒豆が完成します。

黒豆は「まめに働く」という意味もありますが、そもそも”まめ”とは丈夫で健康であること。元気に働けますように、という願いを込めていただきます。

「一つでもいい、自分の食べたいものをつくってみてください。無理はせず、毎年作れそうなものを増やしていってもらえれば」とは料理家の本田明子さん。著書『娘に伝えたいおせち料理と季節のごちそう』から黒豆をご紹介します。

マメに見守りながら黒豆作り

豆が煮汁から頭を出さないように水加減を保って

豆が煮汁から頭を出さないように水加減を保って



材料(作りやすい分量)

黒豆……カップ1

A|湯(約60℃)……カップ3~4

 |三温糖またはざらめ……100~150g

 |重曹……小さじ1/4

B|塩……小さじ1/4

 |しょうゆ……小さじ1/4

■作り方
1.
ボウルに黒豆を入れ、たっぷりの水で洗う。

2.鍋にAを入れて混ぜ、三温糖が溶けたら1.の黒豆を入れて一晩おく(写真イ)。

3.2.の鍋にBを加えて中火にかけ、ふつふつしてきたらあくを除き(写真ロ)差し水カップ1/2を加えて(写真ハ)ごく弱火で豆が柔らかくなるまで煮る。続けて煮るよりも1~2時間ずつ何度も火を入れて合計4~6時間、煮るほうがおいしくできる。煮汁が常に豆にかぶっている状態にするため、差し水は何度でも。

4.火を止めてそのまま冷ます。

娘に伝えたいおせち料理と季節のごちそう

著者 本田 明子

娘に伝えたいおせち料理と季節のごちそう

著者 本田 明子

近頃では、なかなか母から娘へと教わることもなくなってしまった「三段重の正統派おせち」。
「母料理」の第一人者・本田明子先生が、現代のお台所事情にあわせて改めて作りやすく解説した、一度きちんとつくってみたかった「正統派のおせち料理」から、お重すら持っていないけど、お皿に盛るだけでおせち気分を味わいたいときに作る「五品おせち」、余ってしまったおせち材料で作る甘味やバリエーションレシピまで。気分で選べる、おせち料理レシピを徹底解説。ほか、冬から春の季節行事の料理もたっぷり紹介。家庭行事料理の基本をすべて使い勝手良く一冊にまとめました。

profile

本田 明子(ほんだあきこ)

本田 明子(ほんだあきこ)

料理研究家。1962年生まれ。20歳の時に料理研究家・小林カツ代氏に弟子入り。「小林カツ代キッチンスタジオ」に25年間在籍。多数の料理本のレシピ製作責任者として腕をふるう。2007年独立。現在は「本田明子キッチンオフィス」を主宰。小林カツ代氏の親しみやすく、家庭料理として極められた味を正統に継承しつつ、大らかで明るい人柄そのままの「本田流おふくろの味」で人気。NHK「きょうの料理」などテレビ出演、雑誌・書籍など幅広く活躍中。

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本