twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

冷蔵庫お掃除野菜スパゲティ 落合務シェフの「野菜とごまのアーリオ・オーリオ」

twitter
facebook

冷蔵庫お掃除野菜スパゲティ 落合務シェフの「野菜とごまのアーリオ・オーリオ」

twitter
facebook

テレビでも人気「ラ・ベットラ」の落合務シェフ。「シェフのレシピ通りに作ったら、おいしくできる」と評判です。

今回ご紹介するのは、アーリオ・オーリオに冷蔵庫にある野菜を入れて作るスパゲティ。冷蔵庫のお掃除野菜スパゲティともいえるスパゲティですが、あなどってはいけません。香ばしくて、ちょっと和テイスト。家庭だからこそ食べられる、とびきり美味しいパスタができます。

刊行からロングセラーで売れ続け、10万部突破! 多くの人に「おいしい!」「コツがわかった!」と愛されている『「ラ・ベットラ」落合務のパーフェクトレシピ』からレシピを紹介します。

野菜とごまのアーリオ・オーリオ

にんにくと赤唐がらしオイルのソース、アーリオ・オーリオ。このソースのパスタは「油」と「水」をくっつけるので、上手に作るのは難しい。そこで乳化剤を入れます。家庭で断然おすすめなのは「すりごま」。このすりごまが「乳化剤」になって、にんにく唐がらし系がうまくいくんです。

ところで、アーリオ・オーリオのソースは”もと”であって、それだけでパスタを食べることはイタリアではまずないとか。それにこのソース、野菜と抜群に相性がいい。冷蔵庫にある野菜を具にしましょう。レタス、水菜……生で食べられる野菜なら最後にぱっと加えればいいし、ブロッコリーやアスパラならパスタの湯で一緒にゆでればいい。なすやトマトなら、オイルに入れて温めればいい。

残り野菜を食べるのにもうってつけです。

■材料(2人分)

スパゲティ……160g
 |水……3ℓ
 |塩……45g

(にんにく唐がらしオイル)
 |EXVオリーブオイル……60㎖
 |にんにく……2かけ

 |赤唐がらし(半分に折って種を抜く)……1/2本

パスタのゆで汁……50~60㎖

すり白ごま……大さじ2

(以下は目安。そのとき家にある野菜でOK)

|プチトマト……6個

|アスパラガス……2本

|ブロッコリー……1/4株

|長ねぎ(白い部分)……1/2本

|水菜、ベビーリーフ、ルッコラ、ヤングコーン……各適宜

※にんにくは4等分に切る。

※野菜は食べやすく切る。アスパラガスとヤングコーンは斜めの一口大に、ブロッコリーは小房に分ける。長ねぎは斜めの薄切りに。




■作り方

1.にんにくとオリーブオイルを入れてフライパンを傾け、強火にかける。泡がたくさん出てきたら弱火に落とし、3~4分かけてにんにくの芯まで火を通す。

2.火を止めて、少しおいてから赤唐がらしを入れる。1~2分たって、辛みがオイルに移ったら、赤唐がらしもにんにくも取り出す。

赤唐がらしを入れるのは、火を止めてから。

3.プチトマトのように火を通したい野菜は、先にソースに入れる。

プチトマトは半分に切って入れる。このときも火はつけないこと。

4.パスタをゆで始める。野菜は固いものから順に一緒にゆでる。

斜めに切ったアスパラやヤングコーン、小房に分けたブロッコリーなどがおすすめ。

5.3のフライパンにパスタのゆで汁を大さじ1~11/2加える。ゆで汁を加えたら、フライパンをぐるりぐるりとゆっくり回す。ゆで汁は何回かに分けて加え、最後はオイルと同量程度に。

ゆで汁を加えるときには、火をつけないこと。

6.パスタと野菜がゆで上がったら、水けをよくきってソースの鍋に入れる。このときも火はつけず、トングや菜箸でくるくるとかき混ぜる。すぐに火が通る野菜もここで入れる。

写真は長ねぎですが、小松菜や白菜でもいい。

7.すりごまを入れる。トングや菜箸でしっかり混ぜて、パスタとソースと野菜をあえる。

乳化剤のすりごま。たっぷり入れてもおいしい。

8.生で食べられる野菜を入れて、できあがり。

水菜、べビーリーフ、ルッコラなどがおすすめ。

「ラ・ベットラ」落合務のパーフェクトレシピ

著者 落合 務

「ラ・ベットラ」落合務のパーフェクトレシピ

著者 落合 務

10万部突破のロングセラー。進化し続けてさらにおいしく、さらにカンタンになったイタリアンレシピ完成版!

予約が取れないイタリアンレストラン「ラ・ベットラ」の人気シェフ落合務氏が、基本のイタリア料理の作り方を丁寧に解説した、渾身の一冊。2014年発売から「おいしくできる!」「コツがつかめた!」と人気続行中。10万部を突破、多くの人に愛されています。 

profile

落合 務

落合 務

1947年東京都生まれ。1976年フランス料理の料理人として渡仏後、1978~81年イタリアで修業を積み帰国。東京・赤坂『グラナータ』の料理長に。1997年銀座『ラベットラ・ダ・オチアイ』のオーナーシェフに。“予約の取れないレストラン”として知られる。わかりやすいレシピが人気で、講習会、テレビや雑誌などのメディアから引っ張りだこ、全国を忙しく飛び回っている。『イタリア食堂「ラ・ベットラ」のシークレットレシピ』(講談社)ほか人気書籍多数。

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本