twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

料理家 大庭英子さんの冷凍技で食卓が豊かに! ふっくら「冷凍 蒸しなす」

twitter
facebook

料理家 大庭英子さんの冷凍技で食卓が豊かに! ふっくら「冷凍 蒸しなす」

twitter
facebook

夏の疲れが出ていませんか?『ラクラク冷凍レシピ』著者の大庭英子さんは無類のなす好き。ふっくらと柔らかい蒸しなすを一度に作って冷凍するメニューをうかがいました。柔らかく火が通っていますので、自然解凍するだけで食べられるのが魅力です。

出盛りのなすを冷凍に!

少し蒸すのもたくさん蒸すのも手間は一緒。新鮮ななすを買って来たら、新鮮なうちにまとめて蒸して冷凍! 使いきれずにしなびさせていくよりも、だんぜん冷凍がおススメです。

蒸しなすの冷凍

■材料

  なす……8本

■作り方

1なすはへたと先端を切り落とす。

2. 沸騰した蒸し器になすを感覚をあけて入れ、ふたをして強火で12~15分蒸す。指で押すと柔らかく感じるぐらいまで、しっかり蒸す。

3蒸しなすをバットやざるに並べて冷ます。

4なすが冷めたら、バットに感覚をあけて並べ(なすどうしがくっついて凍らないようにするため。あとで1本ずつ取り出せるほうがよい)、冷凍庫に入れて凍らせる

5. 凍った蒸しなすはファスナー付きのフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて密封し、冷凍庫で保存する。

使い方

冷蔵庫で自然解凍して使う。完全に解凍させるのは意外に時間がかかるので、お昼に使うなら朝一で冷凍庫から冷蔵庫へ。みそ汁の実にするなど温めて使うなら、電子レンジの解凍モードで解凍してもよい。

一度にたくさん蒸せる大きなせいろが便利。

バットに並べて粗熱が取れてから冷凍。

凍ったら袋に入れて密閉。

牛肉の甘辛煮やしそをはさめば、おいしいビールのおつまみに――蒸しなすの肉のせ

■材料(2人分)

  冷凍蒸しなす⋯⋯4本→冷蔵庫に半日ほどおいて自然解凍

  青じそ⋯⋯4枚

  牛肉の甘辛煮⋯⋯100g

  冷凍薄焼き卵⋯⋯1枚

  炒り白ごま⋯⋯少々

■作り方

1.冷凍蒸しなすは自然解凍して水けを拭く。菜箸や指で、中央を少し割るようにして縦に広げる。

2. 薄焼き卵は半解凍の状態で端からせん切りにし、ほぐして3等分ぐらいに切り、食べやすい長さに切る。

3. なすの切り込みに青じそを1枚ずつ敷き、牛肉の甘辛煮と2の錦糸卵をのせて白ごまをふる。



牛肉の甘辛煮は下記を、冷凍薄焼き卵は、くらしの本[料理家 大庭英子さんの冷凍技で食卓が豊かに! 便利な「冷凍 薄焼き卵」]を参照。

常備菜として便利! 牛肉の甘辛煮の作り方

牛切り落とし肉300gをごま油大さじ1で炒め、にんにく、しょうが、長ねぎのみじん切り各適量を加える。香りが出たら酒大さじ3、砂糖大さじ1、しょうゆ大さじ3~4を加え、弱火でふたをして10~15分、汁けがなくなるまで煮る。

そうめんにもみそ汁にも

自然解凍した冷凍蒸しなす、みょうが、青じそ、長ねぎ、しょうがを添えたそうめん。
他にも蒸しなすを手でさいて、ゆでた鶏肉や豚肉と和えても。もちろんみそ汁の実にすれば、焼きナスとはまた違った風味を楽しめます。

                                   構成/からだとこころ編集チーム

ラクラク冷凍レシピ

著者 大庭 英子

ラクラク冷凍レシピ

著者 大庭 英子

使えるものだけ!おいしいものだけ!

冷凍保存した食材で作る料理はおいしくないというイメージだったり、時短のつもりで、かえって冷凍や解凍に手間がかかったり、本末転倒になることも多いようです。本書にはおいしくない冷凍保存レシピはありません。むしろ冷凍することによってよりおいしくなる料理もあります。

また、自らを「ズボラ」という著者ならではの、ラクする冷凍のみ提案します。ひとつは、めんどうなことや細かいことをしてから冷凍しない、「冷凍方法がラク」なもの。たとえば「トマトはごろっとそのまま冷凍庫に」「小松菜は刻まず、軽く水洗いしたらそのままフリーザーバックで冷凍」など。
もうひとつは、ちょっとめんどうなものはまとめて作って冷凍する「調理がラクになる冷凍保存ワザ」。「麺類などに添えたい錦糸卵はちょっとめんどうで省略しがちだけれど、まとめて作って冷凍しておけばすぐ使えてラクちん」といったもの。

安いと思ってまとめ買いしてしたものや、どうも使い切れない乾物類などは、まとめて冷凍保存しておけば、無駄なくおいしく使い切ることができます。栗など季節ものの冷凍なら、長く季節を楽しめます。

便利なだけでなく、料理をおいしく、生活をちょっと豊かにする冷凍保存の提案です。

profile

大庭 英子

大庭 英子

料理研究家。身近な材料と普段使いの調味料で作る、簡単でおいしく、アイデアあふれた料理に定評がある。和・洋・中華・エスニックのジャンルを超えた幅広いレパートリーは、どれも自然体のおいしさで、たくさん食べても飽きない味わい。雑誌・新聞・広告と活躍の場も広く、あらゆる年齢層から支持を得ている。著書に『おいしい豆料理手帖』(家の光協会)、『毎日の「バーミキュラ」レシピ』(講談社)など多数。

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本