twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

あなたのそのクレンジング間違っていませんか?

twitter
facebook

あなたのそのクレンジング間違っていませんか?

twitter
facebook

ファンデーションより先に口紅を塗ってみる。本当にいい!? いつもと違う発想をしてみると、自分の中で新しい発見ができるかも。「素敵」な大人になる、”小さなヒントが100”つまった美容ジャーナリスト・松本千登世さんの新刊『「ファンデーション」より先に「口紅」を塗ると誰でも美人になれる』から、”思い込みを捨てて、きれいになれる”ヒントを紹介します。

汚れを広げない、小分けクレンジング

先日、ある女性誌が主催する読者イベントに参加しました。内容は、スキンケアの基礎の基礎を学ぶというもの。


化粧品の量、手の動かし方、力の入れ具合、間の取り方……。日々、美容に触れる立場にありながら、知らなかったこと、忘れていたことなど、新たな発見がいっぱい。中でも、どきっとさせられたのは、クレンジング剤ののばし方でした。


額、両頰、鼻、顎の5点に適量を置いて、顎から順に上に向かってくるくると肌の上で手を動かしながらなじませる。うんうん、大丈夫。私も、そうしてた。ところが……!?


「クレンジング剤を広げるときに、全部の汚れを一緒くたにしていませんか? 顎から始めて頰、鼻、額とのばして、最後は『混ぜ合わせる』ように、くるくる、くるくる……。それでは、ほかの部位の汚れまで顔全体に広げてしまうことになります。顎は顎、頰は頰、と、クレンジング剤を置いた5ヵ所それぞれ、そのエリア内で終わらせること。そうすれば汚れが肌に広がるのを最小限に抑えることができるんです」

クレンジングに対して、選び方やなじませ方、洗い流し方と、たくさんの取材をしてきましたが、そこが抜け落ちていたことを反省しました。

以来、正しいのばし方を実践しています。すると、もうひとつのメリットを感じ始めました。それは、手の力がいつもより優しくなり、肌をこすりすぎないですむということ。

意識するかしないかで、こんなにもクレンジングの仕上がりが違うのだと、感動しているのです。

大人になったら、アイケアは上まぶたから

なぜか、アイケアは目の下から目尻脇にかけて。そんな「思い込み」があります。乾燥やシワ、くまに目が行きがちだから。何を隠そう、私自身がそうでした。

40代を迎えたころ、「しまった」と思いました。上まぶたのたるみ、くすみが急に目立ち始めたのです。アイメイクで酷使して、クレンジングで酷使して。コンタクトレンズなしではいられない私は、目をこすったり、引っ張ったりと、もっと上まぶたに負担をかけてる。ああ、上まぶたもきちんとケアしておくべきだったと後悔したのです。

だから、大人のアイケアは上まぶたから。

profile

松本千登世(まつもと・ちとせ)

松本千登世(まつもと・ちとせ)

美容ジャーナリスト、エディター。1964年、鳥取県生まれ。神戸女学院大学卒業後、航空会社の客室乗務員、広告代理店を経て、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に勤務し、編集作業に携わり、その後、フリーランスに。数多くの女性誌、美容誌で連載・特集の執筆を行う。長年にわたる取材で得た知識と審美眼を通してつづられる美やライフスタイルのエッセイは幅広い世代に人気。著書に『ハイヒールは女の筋トレ 美の基礎代謝をあげる82の小さな秘密』『もう一度大人磨き 綺麗を開く毎日のレッスン76』(ともに講談社)などがある。

「ファンデーション」より先に「口紅」を塗ると誰でも美人になれる 「いい加減」美容のすすめ

著者 松本千登世

「ファンデーション」より先に「口紅」を塗ると誰でも美人になれる 「いい加減」美容のすすめ

著者 松本千登世

ヘアメイク、スタイリスト、女優、モデル、プレス……きれいを見つめているプロと接して気づいたこと。普段行っている工夫。「素敵」な大人になるためのアイデアを具体的に文字で書き下ろしています。たったひとつでも、どんなことでも変えようと思えたら、変えてみたら、自分がもっと楽しくなります。

chapter1 顔の作り方を変える。

chapter2 自分の見方を変える。

chapter3 見た目印象を変える。

chapter4 習慣を変える。

chapter5 価値観を変える。

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本