twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

初の一般公開! 天平の空間を再現した献茶道具

twitter
facebook

初の一般公開! 天平の空間を再現した献茶道具

twitter
facebook

参列者は13,000人!-興福寺中金堂落慶法要

阿修羅像などで知られる奈良の興福寺は、710年に藤原不比等によって開かれました。その本堂にあたる中金堂(ちゅうこんどう)は、何度も焼失と再建を繰り返してきたお堂。江戸後期の火災の後は仮堂であった中金堂が300年ぶりに再建され、天平の創建当初の姿が蘇りました。その落慶法要が営まれたのは平成30年10月のこと。5日間にわたって執り行われた落慶法要で、御仏にお茶を献じる「献茶の儀」に挑んだのが、『茶のある暮らし 千宗屋のインスタ歳時記』の著者である、武者小路千家家元後嗣の千宗屋(せん・そうおく)さん。

延べ13,000人の参列者が、遥かに仰ぎ見るだけだった法要の献茶道具が、この秋、名古屋市千種区の古川美術館分館 爲三郎(ためさぶろう)記念館で初めて一般公開されることになりました。

▲中金堂の朱塗りの柱に映える及台子(きゅうだいす)と道具組。

「あんたの好きなようにしたらいい」

ひとりの茶人が5日間連続で献茶に臨むのはまさに前代未聞。当時の興福寺貫主・多川俊映師より「直々に」しかし「立場は度外視して」、「好きなように」していいと依頼された宗屋さんは、日頃信頼をおく新進気鋭の作家による、すべて新調された道具によって献茶に挑んだのです。

伝統を継承する一方で、今に生きる茶人として国内外でも注目を集める宗屋さん。まさに現代の茶の湯の担い手として、時として「利休再来」と称される宗屋さんのプロデュース力によって整えられた、この日のために作られた茶道具。現代作家による、エネルギー溢れる洗練された世界でした。

▲連日、濃茶と薄茶の二碗が御本尊に捧げられた。

塗師(ぬし)赤木明登作の薬壺(やっこ)形茶器、天目台。「白瑠璃碗」は津田清和作。「奈良三彩」の茶碗は加藤亮太郎。神代欅(じんだいけやき)製の台子(だいす)と、中金堂再建時の余材を用いた茶杓は佃眞吾作。釜、風炉、南鐐(なんりょう)製の水指、皆具(かいぐ)は長谷川清吉作。

茶道具以外での造形活動も展開する活躍目覚ましい作家たちの、天平の心を宿した道具によって、献茶の儀は奉じられました。その準備は三年半に及んだといいます。そしてそれ以上に、古美術はもちろん現代アートにも造詣が深く、多方面の芸術家と交流を続ける宗屋さんと、作家たちとの長い間の繋がりによって生まれたものでした。

緑あふれる空間で今に生きる茶の湯展「茶―祈りと楽しみ」

興福寺献茶道具が公開される展覧会の会場は、名古屋市の閑静な住宅街にある邸宅美術館。名古屋の実業家・古川爲三郎の収集品を展示する「古川美術館」の分館として公開されている「爲三郎記念館」です。爲三郎が住んだ日本家屋は、急勾配の斜面を利用して建てられた趣のある数寄屋造り。日本庭園を眺めながら抹茶と和菓子を楽しめるなど、普段から「茶の楽しみ」を味わえる空間ですが、今回は「武者小路千家―官休庵」そして「官休庵と名古屋」など多彩な展示で、「千宗屋好み―興福寺中金堂献茶道具初公開」の世界の理解がより深くなる構成です。
茶の湯の今昔を多角的に捉える魅力的な展覧会。茶会や講演会などのイベントも行われます。

爲三郎記念館外観

中庭を望む展示室

展示された献茶道具

「茶-祈りと楽しみ 千宗屋好み興福寺中金堂献茶道具初公開」展

会期:2019年10月19日(土)~12月8日(日)

休館日:月曜日 ただし11月4日(月・振休)は開館、翌日休館

古川美術館 分館爲三郎記念館

 http://www.furukawa-museum.or.jp/memorial

〒464-0066 名古屋市千種区池下町2-50

『茶のある暮らし―千宗屋のインスタ歳時記』には、赤木明登さんの「青海盆」(左ページ)や加藤亮太郎さんの「紅志野茶碗」(右ページ右下)などの作品が登場します。日々の稽古や暮らしのなかで使われる、宗屋さんの審美眼に適った作品です。

『茶のある暮らし 千宗屋のインスタ歳時記』p.36-37

『茶のある暮らし 千宗屋のインスタ歳時記』p.36-37

profile

千 宗屋(せん・そうおく)

1975年、京都府生まれ。武者小路千家家元後嗣。斎号は隨縁斎。慶應義塾大学環境情報学部卒業、同大学大学院前期博士課程修了(中世日本絵画史)。2003年、武者小路千家十五代次期家元として後嗣号「宗屋」を襲名。08年には文化庁文化交流使としてアメリカ・ニューヨークに一年間滞在。現在、慶應義塾大学総合政策学部特任准教授、明治学院大学にて非常勤講師も務める。17年にはキュレーターとしてMOA美術館にて「茶の湯の美」をテーマに展覧会を行った。古美術から現代アートにいたるまで造詣が深い。著書に『茶―利休と今をつなぐ』(2010)、『もしも利休があなたを招いたら』(2011)ほか。

                 写真提供:古川美術館分館 爲三郎記念館/構成:講談社生活文化チーム

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本