twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

[印象派の傑作が上野に大集結!]マネが描いた女性の視線のナゾを解く

twitter
facebook

[印象派の傑作が上野に大集結!]マネが描いた女性の視線のナゾを解く

twitter
facebook

東京都美術館で開幕した「コートールド美術館展 魅惑の印象派」。

写真によるコートールド邸の再現。

ロンドン・テムズ川河畔にあるコートールド美術館。大富豪コートールド氏のコレクションが礎となって誕生した、印象派などフランス近代絵画の美の殿堂です。その美術館所蔵の名作が、この秋こぞって来日、話題を呼んでいます。

マネ最晩年の傑作『フォリー=ベルジェールのバー』、ルノワール、セザンヌ、ゴーガン……。この秋、上野に集結する巨匠たちの傑作。冨田 章著『代表作でわかる 印象派BOX』を参考に、卓越した審美眼を持つコートールド氏が集めた名品を見てみましょう。

▲エドゥアール・マネ《フォリー=ベルジェールのバー》1882年 油彩、カンヴァス 96×130cm コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

▲エドゥアール・マネ《フォリー=ベルジェールのバー》1882年 油彩、カンヴァス 96×130cm コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

マネ(1832-83)最後の大作『フォリー=ベルジェールのバー』。フォリー=ベルジェールは、パリで人気のカフェ・コンセールでした。アトラクションを催すミュージックホールは、ガス灯が燈り、夜も出歩くブルジョワジーが増えた時代の象徴とも言えます。マネが描いた近代化の進むパリの生活。

カウンターに立つこの女性のうつろな視線の先には何があるのでしょうか。

『代表作でわかる 印象派BOX』p.40-41

『代表作でわかる 印象派BOX』p.40-41

フォリー=ベルジェールの中のバー、カウンターの女性の背後にあるのは大きな鏡。余興に見入る観客席の様子が映っています。画面右側には、ややずれていますがカウンターに立つ女性の後ろ姿。その正面に立つ男性の姿。つまり、正面から絵を見ている私たちは、この女性の正面に立つ男性なのです。虚ろな表情の女性。賑わう店内での孤独。投げかけられる視線は、「現代」に迫るマネの視線でもあるのでしょうか。

ワインやシャンパンの並ぶ中、赤い三角形が商標の「バスペールエール」。これはナポレオンが好きだったというビールです。この傑作はマネが亡くなる前年、1882年に描かれました。

▲ピエール=オーギュスト・ルノワール《桟敷席》1874年 油彩、カンヴァス 80×63.5cm コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

▲ピエール=オーギュスト・ルノワール《桟敷席》1874年 油彩、カンヴァス 80×63.5cm コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

パリの華やかな社交の場を描く

ブルジョワの都市生活をモチーフにした一枚。劇場の桟敷にいる男女を描いたこの作品は、第1回印象派展に出品された。黒と白が基調の作品であるが、暖色系の色彩を巧みに配することで、華やかな作品に仕上がっている。男性は舞台そっちのけで他の観客ウォッチングに余念がない。劇場が社交の場でもあったことがわかる。(『代表作でわかる 印象派BOX』より)

さて、男性の視線の先にあるものは?

▲ポール・ゴーガン《ネヴァーモア》1897年 油彩、カンヴァス 60.5×116cm コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

▲ポール・ゴーガン《ネヴァーモア》1897年 油彩、カンヴァス 60.5×116cm コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

「原始の生命力」を求めて2度めのタヒチ行きを決行したゴーガンが、1897年に描いた大作。恐怖に慄く若い裸婦の表情は、画面上部窓枠のカラスと共に不吉な印象を与えます。そのまなざしは謎のままですが、モデルはゴーガンの子を産み、亡くしたばかりの愛人パウラだといいます。

人間の「生と死」に対する答えを求め続けたゴーガンは、タヒチで何を見出したのでしょうか。プリミティブ(原始的)な力強い表現を追求したゴーガン。まさにその力強さを感じさせる傑作、そしてゴーガン自身もこの作品を「傑作だ」と自負したと言われています。

『代表作でわかる 印象派BOX』p.8-9

『代表作でわかる 印象派BOX』p.8-9

マネ、ルノワール、セザンヌ、ゴーガン、ゴッホ…。今秋の「コートールド美術館展」では、たくさんの印象派、ポスト印象派の画家たちの作品が展示されますが、『代表作でわかる 印象派BOX』の「印象派人物相関図」では、作家たちの関係も分かりやすく図解しています。この図によると、マネと「踊り子」の絵で有名なドガは「衝突関係」にあった?

『代表作でわかる 印象派BOX』p.6-7

『代表作でわかる 印象派BOX』p.6-7

そもそも印象派って何?という疑問から、画家の生涯、作品150点の解説まで、「小さな印象派事典」というべき『代表作でわかる 印象派BOX』。この本で予習をして、美術展へ出かけませんか。

コートールド美術館展 魅惑の印象派

会期:2019年9月10日(火)~12月15日(日)

会場:東京都美術館

   〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36

https://courtauld.jp

開室時間:9:30-17:30 金曜日は20:00まで(入室は閉室の30分前まで)

休室日:月曜日、9月17日(火)、9月24日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)

ただし、9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)、10月14日(月・祝)、11月4日(月・休)は開室

お問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)

代表作でわかる 印象派BOX

著者 冨田 章

代表作でわかる 印象派BOX

著者 冨田 章

小さな印象派事典。画家の生涯と作品150点をやさしく解説。

マネ、モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、スーラ……
印象派とその周辺画家32人の作品150点をやさしく解説。 画家の生涯や、人物相関も紹介しているので、より深く印象派を理解することができます。毎年必ず開催され、多くの人たちの目を楽しませてくれる印象派展。 本書は、展覧会の予習・復習にもぴったりの一冊です。

profile

冨田 章

美術史家。東京ステーションギャラリー館長。1958年、新潟県生まれ。慶應義塾大学卒業、成城大学大学院修了。財団法人そごう美術館、サントリーミュージアム[天保山]を経て、現職。専門はフランス、ベルギー、日本の近代美術史。著書に『偽装された自画像』(祥伝社、2014)、『ビアズリー怪奇幻想名品集』(東京美術、2014)、監修書に『魅惑のベルギー美術』(神戸新聞総合出版センター、2013)、訳書に『ゴッホの手紙 絵と魂の日記』(西村書店、2012)、『クリムト』(西村書店、2002)、『ゴーガン』(西村書店、1994)などがある。

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本