twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

【血圧を簡単に下げる方法】血管年齢を若返らせて薬いらずに!

twitter
facebook

【血圧を簡単に下げる方法】血管年齢を若返らせて薬いらずに!

twitter
facebook

高血圧で悩まれている方の多くは、「血圧を下げるためには、薬を飲むか減塩するかしかない」、そう思っていらっしゃるのではないでしょうか。
でもご安心ください! 多くの場合、血圧は簡単な体操で下がります。しかもその体操で血管を若返らせることができ、血圧以外にもさまざまな面で効果が期待できるのです。
そんな夢のような体操を、薬剤師の加藤雅俊先生の著書『1日1分で血圧は下がる! 薬も減塩もいらない!』で初公開。そこで話題の本書から一部をご紹介します。

血管を柔らかくする物質を出すことで血圧は簡単に下がります!

前著『薬に頼らず血圧を下げる方法』(アチーブメント出版)では、血圧を下げる方法としてストレッチとツボ押しをご紹介し、大きな反響がありました。ストレッチは、筋肉の柔軟性を取り戻すことで血液を全身に送り出しやすくしますし、ツボ押しは、脳に働きかけて自律神経を調整し、血圧をあるべき状態に戻します。ですから、ストレッチ・ツボ押しともに降圧には非常に効果があります。
ただ、今回特別に考案し、ご紹介するのは、血管自体にアプローチした体操です。最近、メディアなどで血管年齢が注目されていますが、この体操をすることで血管自体を若返らせることができるのです。その結果、血圧が下がる。非常に画期的な体操だと胸を張ってお勧めできます。

さて、この体操でどうして血圧が下がるのか、そして血管が若返るのかについて、簡単にご説明しましょう。

血圧が高くなる大きな原因の一つは、血管が硬くなることにありますが、実は最近、血管を柔らかくする物質が注目を集め始めました。それはNO(エヌオー)(一酸化窒素)といって、1998年にノーベル医学・生理学賞を受賞することになった素晴らしい物質でもあります。

そこで私は、このNOの分泌量を何とか簡単に増やす方法はないものかと考え、徹底的にNOについて研究しました。さらに、これまで積み上げてきた薬剤師、体内環境師としての知識と組み合わせ、短時間で効率的にNOを分泌させられる究極の降圧体操を編み出したのです。この体操は、どんなに体力のない方でも忙しい方でも気軽に行えて、効果も期待できるもの。実際にさまざまなモニターの方に行ってもらいましたが、数値の変移の違いこそあれ、ほとんどの方の血圧が下がりました。ですから高血圧でお悩みの方は、ぜひこの「加藤式降圧体操」を行っていただきたいと思います。


部位別体操の一部を公開中です。ぜひ実践してみてください。
〈関連リンク〉【血圧は自力で下がる】1日1分の降圧体操で一生血圧の上がらない体に!


多くの人は、本来薬を飲む必要などないのです!

さて、高血圧でお悩みの方は、「このまま血圧が下がらなければ薬を飲み続けなければならないのかな」と思っていらっしゃるか、あるいはすでに薬で血圧を下げているものの「薬をやめたいな、でも怖いな」と思っていらっしゃるかのどちらかではないでしょうか。そのような方たちに、私はこうハッキリお伝えしたいと思っています。薬に頼らずとも血圧は簡単に下げられます! と。

もちろん本書は、血圧の薬は必要ないから断薬しましょう、というものではまったくありません。

まず皆さんに知っていただきたいのが、高血圧にも「危険なもの」と「危険でないもの」があるということ。高血圧には、病気が潜んでいてそれによって上がっている本当に危険なものと、ちょっとした生活習慣を取り入れることで簡単にさがるものとあって、多くの方は後者に当てはまる場合がほとんどなのです。そこで本書では、自力で簡単に血圧を下げることができる「加藤式降圧体操」を紹介するのと同時に、危ない高血圧とそうではない高血圧の見分け方、安易に薬で血圧を下げることの危険性、さらには本当に正しい血圧知識についても詳しく説明しています。

現在の日本で、高血圧と推定される患者数は4300万人に上ります。また、降圧剤の消費割合は、何と世界の生産量の5割とも言われるほど! 衝撃ですよね。このことからもわかるように、日本では本来薬を飲む必要のない人が、厳しすぎる高血圧基準によって長年降圧剤を飲まされ続けているのです。

薬を飲んでも何の効果もなくお金の無駄になっている、というだけならまだマシです。問題なのは、その必要のない薬が原因で不調に陥っている人が、今やものすごい数になっているということ。私が長年、多数の著書で、「薬に頼らずとも血圧は下がります!」と唱え続けているのは、そういう理由からなのです。

血圧が急激に上がってきたとき、いったん血圧を落ち着かせるために降圧剤が必要な場合もあります。ですが薬というのはあくまで対症療法として用いられるものであって、症状が治まった後も飲み続けるものではありません。多くの薬はそのように一時的に用いられるのですが、こと血圧の薬に関しては、ゴールというものがありません。「やめたらまた血圧が上がりますよ」と言われ、死ぬまで飲み続ける人も少なくない。しかし薬剤師の立場から言わせてもらいますと、ゴールがない薬ほど恐ろしいものはありません。だからこそ「血管を柔らかくする」というアプローチによって、一刻も早く薬をやめるというゴールにたどり着いてほしいのです。

繰り返しますが、血管を柔らかくしてあげれば、ほとんどの方の血圧は簡単に下がります。反対に薬を飲んで血圧が下がったとしても、それは根本治療ではありません。「加藤式降圧体操」で、今の高血圧を解消するだけでなく、一生血圧の上がらない体を目指しましょう!

1日1分で血圧は下がる! 薬も減塩もいらない!

著者 加藤 雅俊

1日1分で血圧は下がる! 薬も減塩もいらない!

著者 加藤 雅俊

血管を若返らせ、血圧を下げるシンプルな体操を初公開。危険な高血圧とそうでない高血圧の見分け方、食事やツボ押しなど血圧を下げる生活習慣も紹介。

profile

加藤 雅俊(カトウ マサトシ)

薬剤師、体内環境師、薬学予防医療家、ミッツ・エンタープライズ(株)代表取締役社長、JHT日本ホリスティックセラピー協会会長、JHT日本ホリスティックセラピストアカデミー校長。
大学卒業後、ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社に入社。研究所(現在:中外製薬研究所)にて、血液関連の開発研究に携わる。プロダクトマネージャー就任後、全国の病院を見て回るなかで、医療現場の問題点に気づく。「薬に頼らずに若々しく健康でいられる方法」を食事+運動+心のケアから総合的に研究し、1995年に予防医療を目指し起業。「心と体の両方」をみるサロンやセラピスト養成のためのアカデミーを展開。現在、自ら指導する健康セミナーやストレッチ教室、講演会などを精力的に行いながら、テレビ・雑誌等にも出演。モデルや女優の体内環境のケア、プロ野球チームやプロアスリートのコンディショニングケアも担当する。著書に『ホントによく効くリンパとツボの本』(日本文芸社)、『薬に頼らず血圧を下げる方法』(アチーブメント出版)など多数。

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本