twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

ダイエット中のおやつにも!お菓子研究家の「ヘルシーな生チョコレート」の作り方

twitter
facebook

ダイエット中のおやつにも!お菓子研究家の「ヘルシーな生チョコレート」の作り方

twitter
facebook

体にやさしく、キレイになれるお菓子は、罪悪感もストレスもありませんが、いくら健康や美容によいといっても、やっぱりおいしくないのはイヤ、ですよね。
そこで、味わい深くてカロリー控えめ、肌や腸にもよく、アンチエイジングにも効果的、そんなちょっと欲ばりなスイーツレシピを、お菓子研究家の石橋かおりさんに教えていただきます。
第1回目は、生クリームを使わない「ヘルシーな生チョコ」のレシピをご紹介します。トッピングのパウダーで、いろいろな味わいを楽しめます。

普通のお菓子と、どこが違うの?
まず、使っている材料が違います。体や健康のことを大切に考え、材料を選んでいます。一番違うのは素材です。配合も、おいしさを損なわないぎりぎりのところで、でも、できる限り体に負担のかからないバランスになっています。
これまでお菓子を作ってきた人にとっては、「これで、できちゃうの?」という驚きレシピもいっぱいです。でも簡単に作れるので、初めての人でもご心配なく。

豆乳の生チョコ3種パウダー

■材料(約10×10×5cmの容器1個分)
スイートチョコレート(カカオ分50~60%)……100g
豆乳……65ml
洋酒(好みで、ラム酒・ブランデーなど)……小さじ1
抹茶、ココア、きな粉……各適量

■下準備
・チョコレートは大きければ刻む。
・容器に合わせオーブンシートを側面まで敷きこむ。

容器はサイズが同じくらいなら何でもOK。

■作り方
1.ボウルにチョコレートを入れ、湯せんして溶かす。

ボウルの底だけが湯に当たるようなサイズの鍋に湯を入れ、湯せんする。

2.豆乳は電子レンジで約30秒温める。
3.1に2を加えて混ぜ(A)、容器に流し入れて表面を平らにする(B)。

(A)豆乳は温めてあるので混ざりやすい。

(B)チョコレートを容器に流し入れる。

4.冷蔵庫で半日以上、固める。
5.容器から出してオーブンシートをはずし、湯で軽く温めた包丁で好みの大きさに切る。
6.バットに抹茶やココア、きな粉をそれぞれ茶こしでふるい入れ、5にまぶす。

抹茶などをチョコレートに手早くまぶす。

■栄養ポイント
生チョコというと生クリームが入ったものが一般的ですが、これは豆乳で。だからカロリーオフのうえ、イソフラボンの効果もバッチリ。口に入れるとすっととけて、後味もすっきり、でも満足感もあります。
なお、チョコレートはカカオ分が高すぎると、溶かし固める時点で分離するので、50~60%のものでトライして。

「スイーツはガマンしたほうがいいとも思うんだけど」
スイーツは、私たちを幸せな気持ちにしてくれる魔法を持っています。甘い味やいい香りには魅惑のマジックがあるのです。
自然に、スイーツを食べたくないと思えるのなら、それでOK。でも無理矢理、健康のために、ダイエットのためにと我慢していると、どこかでストレスがかかります。そして、激しくリバウンドしてしまう可能性も。好きなことは続きますが、無理は続かないものです。
だから、たまには幸せを運んでくれるスイーツを召し上がれ。この本で紹介している体にやさしいものなら、うしろめたさもありません。いつも、がんばっている自分にごほうびを!

はじめての ナチュラルスイーツ

著者 石橋 かおり

はじめての ナチュラルスイーツ

著者 石橋 かおり

美肌、女性ホルモン、美腸、ダイエットにいい!
白砂糖、バター、牛乳を使わない、簡単、おいしい、ヘルシーなお菓子!
「体にいいお菓子レシピ」は既にあるけれど、おいしくなくては作る気にはなりません。食べておいしく、少量でも満足感があって、できるだけ近くのスーパーでも手に入る食材ででき、なおかつ、簡単に作れるものに。そんな“いいとこ取り”のスイーツレシピがつまった1冊。

profile

石橋 かおり(イシバシ カオリ)

お菓子研究家。長野県在住。
誰が作っても失敗なく、おいしいお菓子レシピを考えるのは、もはや天職。日々、試作を重ね、今回も“簡単でおいしい&ストレスなくダイエットや美肌、美腸などに一役買えるアンチエイジングスイーツレシピ”を次々と生み出した。
著書には『Pink!』(アスペクト)、『シフォンケーキとシフォンロール』(主婦の友社)、『HAPPY CHEESECAKE』シリーズ(主婦と生活社)、『ベスト オブ チーズケーキ!』(講談社)など多数。

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本