twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

資格の見せ方が重要!転職やキャリアアップにつながる自己PRのコツ

twitter
facebook

資格の見せ方が重要!転職やキャリアアップにつながる自己PRのコツ

twitter
facebook

働く女性たちを「ココロとサイフが満たされる仕事発見」へと導く、「はぴきゃりアカデミー」代表の金沢悦子さんは「成長するためには“戦略”が必要」とおっしゃいます。
そこで金沢さんの著書『図解 自分をアップデートする 仕事のコツ大全』の中から、転職やキャリアアップを目指す際に注意したい「資格の見せ方」について教えていただきました。

転職するなら何か資格を取っておくべき?

キャリアアップや転職を目指す人から「何か資格を取得したほうが有利ですか?」といった相談を受けることがよくあります。
資格を取得するためには、勉強をして、知識を蓄えます。どんな資格でも、「学び」によってさまざまな発見や可能性の広がりをもたらしてくれます。
ただし、どんなに難易度の高い資格でも取得した時点では、スタートラインに立っただけ。資格を持っているだけで、自分が望む仕事やポジションを得られるわけではありません。
ポイントは、資格を取得すること自体が目的にならないようにすること。その資格を取ることで、何をしていきたいのかを意識することが何よりも大切です。
資格は、ある分野のことは「あなたに頼みたい」と思われる関係性を作っていくための手段の1つ。
そういう意味では、相手によって「見せる資格」と「隠す資格」を戦略的に見極めることも必要です。
自分が目指すポジションを明確にし、資格によってアピールできれば、資格は、必ずあなたの“強み”になります。

資格の3種類
●国家資格
法律に基づき、国や国が委託した機関が認定する資格。取得しなければ業務を行えない「業務独占資格」と資格所有者のみ法律に定める特定の名称を名乗ることができる「名称独占資格」などがある。

●公的資格
地方自治体や公益法人が実施し、文部科学省や経済産業省などの官庁や大臣が認定。その分野における一定レベルの能力があることを保証する資格。

●民間資格
民間の団体、企業、学校などが、独自の審査基準を設け、認定・授与する資格。多分野にわたり多種多様な資格が存在する。

見せる・隠すの使い分けで資格をブランディングに活用

お金と時間の“かけ損”にしない、資格を転職に活かす方法は?

【CASE STUDY】同じ6つの資格を持つ2人の転職

AさんとBさんは、年齢もキャリアもほぼ同じ。現職は「営業事務」ですが、転職を機に新たな職種「商品企画」を希望、同じ6つの資格を持つ2人が採用面接に挑みました。


※【公】公=公的資格 【民】=民間資格 ○=見せる・履歴書に記載 ×=隠す・履歴書に記載なし

Aさんの場合
「全部見せなきゃモッタイナイ!でも、お花と野菜は関係なさそう……」
【公】カラーコーディネーター…○
【公】簿記…○
【民】華道師範…×
【民】MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)…○
【民】商品プランナー…○
【民】野菜ソムリエ…×

Bさんの場合
「簿記は隠す!MOSは、何か聞かれたらということで……」
【公】カラーコーディネーター…○
【公】簿記…×
【民】華道師範…○
【民】MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)…×
【民】商品プランナー…○
【民】野菜ソムリエ…○

面接担当者
「Aさんは、事務系の能力が高い。経理で欠員が出そうだから、お願いできるといいなぁ」
「Bさんは、生活雑貨に興味ありそう。商品企画は未経験といっても、知識やセンスも十分で期待できる!」


あなたが面接官なら「商品企画」にどちらを採用したいと思いますか?
仕事に活かすだけが、資格の役立て方ではないはずです。何かを学びたいという姿勢、趣味・特技を深めたいという探究心といった豊かな人間性を「資格」でアピールするのも1つの方法。やりたい仕事をするための転職が、資格のおかげで思惑が外れたなんてこともなきにしもあらずです。
また、取得には実務経験が必要な資格もあります。転職先でこうした資格を取得したいという前向きな姿勢も、選ばれる理由の1つになるのではないでしょうか。




図解 自分をアップデートする 仕事のコツ大全

著者 金沢 悦子

図解 自分をアップデートする 仕事のコツ大全

著者 金沢 悦子

シリーズ累計15万部突破の最新刊。仕事の「困った」「モヤモヤ」「心が折れそう」……そんな状況を打破して、仕事がはかどる! 毎日が楽しくなるワザ教えます!
新人はもちろん、中堅ビジネスマンでも判断に悩む、様々なシチュエーションを乗り越えるコツを、スキルアップ&キャリア養成のプロが伝授。昨日とは違う自分になれる、自分をアップデートするヒントが満載です!

profile

金沢 悦子(カナザワ エツコ)

株式会社はぴきゃり代表取締役。はぴきゃりアカデミー代表。統計心理学i-colorエグゼクティブトレーナー。
1991年、株式会社リクルート(現株式会社リクルートホールディングス)に入社。営業に従事し、新人MVP賞を受賞。
1994年、株式会社キャリアデザインセンターに創業メンバーとして参画。広告営業で同社初、売り上げ1億円を達成。広告営業局局次長、広報室室長を歴任するも、仕事との距離感がつかめずに心と体を痛めてしまう。この体験をきっかけに、「幸せに働くってどういうこと?」という問いへの答えを求め、2001年、日本初の総合職女性のためのキャリア転職マガジン『ワーキングウーマンタイプ(現ウーマンタイプ)』を創刊、編集長に就任。編集長時代、5000人以上の女性を取材し、ハッピーキャリアを見つけるための4つのステップを体系化する。
2005年に独立し、有限会社フォーウーマン(現株式会社はぴきゃり)を設立。2011年、女性のためのキャリアの学校「はぴきゃりアカデミー」開校。「年間300人以上の女性たちを「ココロとサイフが満たされる仕事発見」へと導いている。

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本