twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

収入を増やしたい! やりたいことを見つけたい! 幸せになるためのお金の貯め方

twitter
facebook

収入を増やしたい! やりたいことを見つけたい! 幸せになるためのお金の貯め方

twitter
facebook

働く女性たちを「ココロとサイフが満たされる仕事発見」へと導く、「はぴきゃりアカデミー」代表の金沢悦子さんは「成長するためには“戦略”が必要」とおっしゃいます。
そこで金沢さんの著書『図解 自分をアップデートする 仕事のコツ大全』の中から、ステップアップしていくためのお金の貯め方、使い方を教えていただきました。
昨日、今日、明日、日々成長し、変わっていく自分にわくわくしてみませんか?

将来のために今しておくことは?

お給料に不満のある人は多いと思います。でも、「あなたの働きならこの金額」と客観的に判断されたのが、現在の収入です。厳しい言い方ですが、自分は「今のままでいい」と思っている限りは収入アップは難しいでしょう。
「変わらない」でいるということは、実はどんどん右肩下がりになっていくこと。逆に、今より成長しようという意識を持ち、レベルアップしたあなたなら仕事においても収入においても、選択肢が広がっていきます。

成長するためには「学び」が必要です。仕事に関連する技能や能力を高めること、あるいは、1人の人間として知識や感性を磨くこと。収入アップはもとより、能力を生かす仕事や幸せな人生のためにもよい方法だと思います。

分野にとらわれず幅広い知識を身につけ、深めるリベラルアーツが注目されているように、「学び」は、語学や資格の習得といった“勉強”とは限りません。美術館に行く、ミュージカルに親しむなどで養われる美意識が、よりよい人生を築くことにつながります。気になったものに素直に触れてみましょう。

「学び予算」は自分のためにしっかり使い切る!

手取り月収のうち
6割(給与振り込み口座)……生活資金
2割(別口座)……貯金
2割(別口座)……学び予算/本やテキストの購入。スクールやセミナーの受講料。見識を広げたり、感性を磨いたりするために映画やお芝居を見る、食事、旅行、資料等の購入にかかる費用。

「いつか」のために「今」できることをする

お給料の使い方を見直して「学び予算」を確保しよう!

幸せになるためのお金はどうやって貯める?

●「貯金」と「学び予算」は別口座で管理する
それぞれ月収の2割を別口座で管理して、毎月の生活費は月収の6割でやりくりする

●生活費を減らすなら、まず「固定」から見直す
「変動費」を減らすと生活がすさんでしまうので、節約するならまず「固定費」の見直しを。生命保険料や家賃などの削減を考えてみる
出典:ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」

備えあればチャンス到来!「今」はじめれば
「いつか」はどんどん近づいてくる


お給料の2割を自分を磨く「学び予算」にあてる
選択の基準は「幸福度」。使い道のジャンルは問いません。「うれしい」「楽しい」「幸せ」と感じるヒト・コト・モノに触れ合ううちに、自分の「やりたいこと」の方向性がハッキリと見えてくるはずです。

図解 自分をアップデートする 仕事のコツ大全

著者 金沢 悦子

図解 自分をアップデートする 仕事のコツ大全

著者 金沢 悦子

シリーズ累計15万部突破の最新刊。仕事の「困った」「モヤモヤ」「心が折れそう」……そんな状況を打破して、仕事がはかどる! 毎日が楽しくなるワザ教えます!
新人はもちろん、中堅ビジネスマンでも判断に悩む、様々なシチュエーションを乗り越えるコツを、スキルアップ&キャリア養成のプロが伝授。昨日とは違う自分になれる、自分をアップデートするヒントが満載です!

profile

金沢 悦子(カナザワ エツコ)

株式会社はぴきゃり代表取締役。はぴきゃりアカデミー代表。統計心理学i-colorエグゼクティブトレーナー。
1991年、株式会社リクルート(現株式会社リクルートホールディングス)に入社。営業に従事し、新人MVP賞を受賞。
1994年、株式会社キャリアデザインセンターに創業メンバーとして参画。広告営業で同社初、売り上げ1億円を達成。広告営業局局次長、広報室室長を歴任するも、仕事との距離感がつかめずに心と体を痛めてしまう。この体験をきっかけに、「幸せに働くってどういうこと?」という問いへの答えを求め、2001年、日本初の総合職女性のためのキャリア転職マガジン『ワーキングウーマンタイプ(現ウーマンタイプ)』を創刊、編集長に就任。編集長時代、5000人以上の女性を取材し、ハッピーキャリアを見つけるための4つのステップを体系化する。
2005年に独立し、有限会社フォーウーマン(現株式会社はぴきゃり)を設立。2011年、女性のためのキャリアの学校「はぴきゃりアカデミー」開校。「年間300人以上の女性たちを「ココロとサイフが満たされる仕事発見」へと導いている。

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本