twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

仕事をやめるか迷ったら"現実"と"理想"を視覚化してみよう!五角形のワーク

twitter
facebook

仕事をやめるか迷ったら"現実"と"理想"を視覚化してみよう!五角形のワーク

twitter
facebook

「忙しいだけでやりがいを感じない」「頑張っているのに認めてもらえない。スキルアップできない。残業が多い」――将来が不安だったり仕事や環境に不満があると、モチベーションはどんどん下がるし、ストレスばかりたまってしまいますよね。
働く女性のためのキャリアの学校「はぴきゃりアカデミー」(代表・金沢悦子)の協力により、新卒入社した会社を「辞めたい」と思ったことがあるかをアンケートした結果、「ある」と回答した人は160人中113人という結果に。

新卒入社した会社を「辞めたい」と思ったことはありますか?

最多は3年目。その後減少して、6年目以降は再び増加というように、2~3年のサイクルで仕事を辞めたいと考えるようになる傾向がみられます。

最多は3年目。その後減少して、6年目以降は再び増加というように、2~3年のサイクルで仕事を辞めたいと考えるようになる傾向がみられます。

金沢さんは著書『図解 自分をアップデートする 仕事のコツ大全』の中で、このまま今の仕事を続けていいのか悩んでいる人は、まず「現実」と「理想」を見える化することが大事だとおっしゃいます。そこで本書の中から、「現実」と「理想」を目で見える形にする「五角形のワーク」のやり方紹介します。
今の仕事に対してモヤモヤしている人は、ぜひやってみてください。

このまま今の仕事を続けていいのか悩んでいる人へ
就職して3~4年くらいたつと、仕事や職場の環境に慣れて「マンネリ」を感じつつ、仕事は頑張っているのに周囲からほめられる機会が減ります。また、仕事を任されてやりがいを感じる一方で、新人の頃とは違う不安や不満が生じてくることもあります。
でも、ほめてくれない、仕事を任される、というのは、周囲があなたを「一人前」だと認めているからとも考えられるのです。そんなときの「困った!」「できない!」は、あなたを一段上に押し上げる糧になります。
「今すぐにでも会社を辞めたい!」と思う理由はどこにあるのでしょう。仕事の内容、人間関係、それとも収入? それをハッキリさせれば、このままキャリアを重ねていくために、あるいは、環境や職種を変えて出直すために「やるべきこと」が見えてきます。

不安や不満がいっぱいの「現実」とこうありたいと思う「理想」を知るためにおすすめするのが、「五角形のワーク」。2~3ヵ月を目安に、「現実」と「理想」のギャップを埋めることに取り組んでみましょう。

目の前の出来事に白黒つけない。まず「現実」を「理想」に近づけよう!

五角形のワークで「現実」と「理想」を目で見える形にする

現実=現在の状況 理想=こうありたいと思う状況
●5つの項目を、それぞれ10段階で評価する。
[モチベーション]=仕事に対するやりがい
[ポテンシャル]=現在の状況で、自分の強みが育つか、成長できているか
[ビジョン]=自分が目指す地位、キャリアに到達する可能性
[プライベート]=私生活、収入の満足度、充実度
[コミュニケーション]=人間関係の満足度、充実度

●定期的に評価して、仕事のやり方、人付き合いなどを見直して「理想」の五角形に近づける。期間は3ヵ月が目安、長くても6ヵ月以内に評価の見直しをする。

このワークで何がわかる?
上の例でいえば、現実>理想の[プライベート]は現時点では気になる問題ではなく、私生活や収入面の充実度はこのままでも、不満や不安を感じている、現実<理想の[モチベーション][ビジョン][コミュニケーション]で改善ができて評価が上がれば「理想」の状況に近づく。


自分の「理想」は意外とわかっていないもの。
ワークで「理想」と「現実」を見える化しよう!

5つの項目で「理想」と「現実」のギャップがわかれば、自分の今取り組むべきことが見えてきます。それを一つ一つクリアにしていくことで状況はどんどん変わっていきます。

図解 自分をアップデートする 仕事のコツ大全

著者 金沢 悦子

図解 自分をアップデートする 仕事のコツ大全

著者 金沢 悦子

シリーズ累計15万部突破の最新刊。仕事の「困った」「モヤモヤ」「心が折れそう」……そんな状況を打破して、仕事がはかどる! 毎日が楽しくなるワザ教えます!
新人はもちろん、中堅ビジネスマンでも判断に悩む、様々なシチュエーションを乗り越えるコツを、スキルアップ&キャリア養成のプロが伝授。昨日とは違う自分になれる、自分をアップデートするヒントが満載です!

profile

金沢 悦子(カナザワ エツコ)

株式会社はぴきゃり代表取締役。はぴきゃりアカデミー代表。統計心理学i-colorエグゼクティブトレーナー。
1991年、株式会社リクルート(現株式会社リクルートホールディングス)に入社。営業に従事し、新人MVP賞を受賞。
1994年、株式会社キャリアデザインセンターに創業メンバーとして参画。広告営業で同社初、売り上げ1億円を達成。広告営業局局次長、広報室室長を歴任するも、仕事との距離感がつかめずに心と体を痛めてしまう。この体験をきっかけに、「幸せに働くってどういうこと?」という問いへの答えを求め、2001年、日本初の総合職女性のためのキャリア転職マガジン『ワーキングウーマンタイプ(現ウーマンタイプ)』を創刊、編集長に就任。編集長時代、5000人以上の女性を取材し、ハッピーキャリアを見つけるための4つのステップを体系化する。
2005年に独立し、有限会社フォーウーマン(現株式会社はぴきゃり)を設立。2011年、女性のためのキャリアの学校「はぴきゃりアカデミー」開校。「年間300人以上の女性たちを「ココロとサイフが満たされる仕事発見」へと導いている。

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本