twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

【大人限定ユニクロ②】一年中使えて誰もが美脚に! 私が8本買ったユニクロの最強パンツ

twitter
facebook

【大人限定ユニクロ②】一年中使えて誰もが美脚に! 私が8本買ったユニクロの最強パンツ

twitter
facebook

ファッション誌でユニクロ特集を何度も担当し、自身もユニクロ大好きなファッションエディター伊藤真知さん。その初の著書『「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」の法則』では、伊藤さんが好きすぎて色違いで8本もゲットしたというパンツが明らかに!

バリエ豊富な「EZYアンクルパンツ」の中でも意外と出番が多いのは、淡い色や柄。気温差の激しい梅雨明けまでは羽織りや重ね着で上半身が重たくなるので、明るい色や柄のパンツがちょうどいい抜け感を演出してくれます。各¥1990/ユニクロ

バリエ豊富な「EZYアンクルパンツ」の中でも意外と出番が多いのは、淡い色や柄。気温差の激しい梅雨明けまでは羽織りや重ね着で上半身が重たくなるので、明るい色や柄のパンツがちょうどいい抜け感を演出してくれます。各¥1990/ユニクロ

脚が長く見えるうえにラクチンなんて最高

この半年で6本も買い足してしまった「EZYアンクルパンツ」は、腰まわりにゆとりがあり、裾にかけてゆるやかに細くなっていくテーパード型。そんな誰でも美脚になれるシルエットもさることながら、ウエストがゴム、というのも大人買いしてしまった大きな理由です。ウエストゴム=楽、ということにフィーチャーされがちですが、実は“お腹ではける”ことがすばらしい! お腹ではけるとウエスト位置が上がり、脚が長く見えます。インしても中に入れたトップスがあふれにくいので、今どきの着こなしを楽しむうえでも、味方になってくれるディテールです。

小柄でもお直しいらずの絶妙な丈

淡いピンクの「EZYアンクルパンツ」に濃いキャメルのニットを合わせ、ビター&スイートな配色で。

淡いピンクの「EZYアンクルパンツ」に濃いキャメルのニットを合わせ、ビター&スイートな配色で。

そしてもう一つ惹かれたのは、その名にもある、“切らなくていい”アンクル丈。身長155cm の私にとって最近のパンツはどれも長く、お直しが必須。裾にデザインのあるパンツなどはもってのほかですが、これは私がはいてちょうど足首が見えるか見えないかくらいの長さ。徐々に細くなるテーパードは、丈を切るとアンバランスに見えたりしますが、その心配もなく、買ったその日から楽しめる。パンプス、ぺたんこ、スニーカーと、合わせる靴を選ばないのもうれしい限りです。



ファッションエディター伊藤真知さん『「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」の法則』より大人限定ユニクロシリーズ

第1回 春夏にユニクロで買うべき、圧倒的な高見えシャツ

第3回 いくら大好きでも、「ユニクロはコーデの5割まで」と私が決めている理由

第4回 名品1000円Tシャツで、毎日おしゃれできる!

「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」の法則

著者 伊藤 真知

「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」の法則

著者 伊藤 真知

ユニクロがいいからユニクロばかり着ているけれど、私のおしゃれ、無難すぎ?  人とかぶってる?  いい年して毎日ユニクロじゃダメ?
そんな、ユニクロ好きの大人が抱えるお悩みを、おしゃれのプロがスッキリ解決します!

「身長155cmでも、ユニクロはメンズ売り場から見る」
「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」
「超ベーシック服なら人とのかぶりは気にしないでOK」
「大人にちょうどいいのは“ユニクロ5割”コーデ」
「ユニクロには“一生モノ”のバッグはいらない」
「¥1000Tシャツで毎日おしゃれになれる」
など、目からウロコが落ちるユニクロスタイルのコツが満載!
ユニクロを人気ファッション誌で何度も特集し、本人も着倒してきたからこそわかる、真実のユニクロ名品リストも公開。
みんなが着ているユニクロをもっとおしゃれに着るためのすべてがわかる一冊です。

profile

伊藤 真知(いとう まち)

伊藤 真知(いとう まち)

ファッションエディター。1979年生まれ。津田塾大学卒業後、出版社に勤務。その後フリーとなり、『VERY』『with』『BAILA』『Marisol』など、幅広い女性誌で活躍。ファッションページの編集やインタビューの他、ブランドのカタログ製作なども手がける。ユニクロをテーマにした企画も多く担当し、自身もユニクロを偏愛。本人のシンプルだけれどどこかお茶目なカジュアルコーデはさまざまな媒体で注目されている。

撮影/須藤敬一(人物)、魚地武大(TENT/静物)

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本