twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

  • ほっとくだけで味が決まる 漬けたら、すぐおいしい!

ほっとくだけで味が決まる 漬けたら、すぐおいしい!

著者堤 人美

ほっとくだけで味が決まる 漬けたら、すぐおいしい!

単行本(ソフトカバー): 80ページ
ISBN-10: 4062996634
ISBN-13: 978-4062996631
発売日: 2015/12/11

  • ほっとくだけで味が決まる 漬けたら、すぐおいしい!

単行本(ソフトカバー): 80ページ
ISBN-10: 4062996634
ISBN-13: 978-4062996631
発売日: 2015/12/11

この本の記事はこちら

おいしい

漬けておくだけで、おいしく時短! 料理家・堤人美さんの 豚肉のローズマリー焼き【動画つき】

料理家堤人美著書『ほっとくだけで味がきまる 漬けたら、すぐおいしい』から「豚肉のローズマリー焼き」レシピのご紹介。

December 23, 2017

おいしい

火を使わない照り焼きレシピ 堤人美さんの、鶏肉のレンジ照り焼き【動画つき】

料理家堤人美著書『ほっとくだけで味が決まる 漬けたらおいしい!』から、「鶏肉のレンジ照り焼き」のご紹介。

January 13, 2018

おいしい

照り焼きに辛み炒めに 堤人美さんの、使いまわせる 「鶏もも肉のオイスターソース漬け」【動画つき】

料理家堤人美著書『ほっとくだけで味が決まる 漬けたらおいしい!』から、「鶏もも肉のオイスター照り焼き」と「かぼちゃと鶏肉の辛み炒め」の2品をご紹介。

January 20, 2018

おいしい

朝漬けて、夜帰ったら焼くだけ! 堤人美さんのガパオ風炒め【動画つき】

「ほっとくだけでおいしくなる」「味がしみておいしくなる」「時短になる」といいことづくめの漬ける料理法。

February 24, 2018

内容紹介

第3回 料理レシピ本 大賞 in Japanに入賞しました!
食材と手間はできるだけ少なく、ほったらかしておけばおいしく仕上がるレシピで大人気の堤先生。
この「漬けるレシピ」は朝に仕込んで焼くだけで、夜に味がしっかりしみた主役のおかずをすぐ楽しめます。
ベースに食材を漬けて焼く、焼いたり揚げたりしてベースに漬けるだけで、いつもの食材が驚くほど大変身。
忙しくて手間をかけられない、でも料理を楽しみたい人にオススメです!

目次

  • 〈1章 朝漬けて夜加熱〉 ※ベースを漬ける→加熱
  • 豚肉の塩ローズマリー漬け→豚肉のローズマリー焼き、いかの塩レモン漬け→いかとブロッコリーの塩レモン炒め、鶏肉のはちみつしょうゆ漬け→鶏肉のレンジ照り焼き、ぶりの豆板醤ポン酢漬け→ぶりの中華炒め etc.

  • 〈2章 漬けて何通りか楽しむ〉 ※ベースを漬ける→加熱
  • 豚薄切り肉のにんにく塩漬け→塩肉じゃがor塩豚とにらの炒めナムル、さばのしょうゆ漬け→さばとパプリカの炒めものorさばのごま竜田揚げ、牛肉のケチャップ漬け→ビーフストロガノフor牛肉炒めオムレツのせ  etc.

  • 〈3章 ベースに漬け込む〉 ※加熱→ベースに漬ける
  • 玉ねぎソース→サイコロステーキとズッキーニのマリネ、塩ねぎだれ→焼きいわし、黒酢にらだれ→豆あじのから揚げ、トマトめんつゆ→カリカリ揚げ豚のトマトめんつゆ漬け  etc.

  • 〈4章 サブおかず〉 ※加熱or生→ベースに漬ける
  • 塩きのこ、焼きトマトのガーリックしょうゆ漬け、さつまいもの中華だれ漬け、れんこんのからししょうゆ漬け、揚げなすのバルサミコしょうゆ漬け   etc.

書籍情報

製品名 ほっとくだけで味が決まる 漬けたら、すぐおいしい!
著者名 堤 人美
発売日 2015年12月11日
価格 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-299663-1
判型 B5
ページ数 80ページ
電子版製品名 ほっとくだけで味が決まる 漬けたら、すぐおいしい!
シリーズ 講談社のお料理BOOK

profile

堤 人美(ツツミ ヒトミ)

堤 人美(ツツミ ヒトミ)

京都府出身。出版社を退社後、友人の食堂を手伝った際に「おいしい」と言われる喜びを知り、“料理を仕事にしよう”と目指すことに。その後、料理家のアシスタントを経て独立。書籍や雑誌でレシピを紹介するほか、企業のレシピ開発や、CMの料理製作なども手がける。身近な食材を使いながら、素材の切り方、盛りつけなどにも工夫を凝らし、センスのよいレシピは幅広い世代に人気がある。近著に「ラクチンおいしい! こだわり麺」(講談社)、「チョップ&トスサラダ」(新星出版)、「自分に、大切な人に 作ってあげたくなるごはん」(主婦の友社)、「お留守番ごはん」(オレンジページ)など。

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本