twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

  • 案ずるより、片づけよう 住まいの老い支度

案ずるより、片づけよう 住まいの老い支度

著者阿部 絢子

案ずるより、片づけよう 住まいの老い支度

単行本(ソフトカバー): 176ページ
ISBN-10: 4062206234
ISBN-13: 978-4062206235
発売日: 2017/6/15

  • 案ずるより、片づけよう 住まいの老い支度

単行本(ソフトカバー): 176ページ
ISBN-10: 4062206234
ISBN-13: 978-4062206235
発売日: 2017/6/15

この本の記事はこちら

人生

住まいの老い支度① 50代からはじめる、快適な住まいづくり

生活研究家であり消費生活アドバイザーの阿部絢子さんに、自ら実践している「老いて快適な住まい」の整え方をうかがいました。

January 26, 2018

人生

住まいの老い支度② 収納をとことん使い勝手をよくするためにするべきこと

生活研究家であり消費生活アドバイザーとして、中高年の住まいの悩みを解決してきた阿部絢子さんに老いていくことを考慮した片づけの極意を教えていただきました。

January 31, 2018

人生

住まいの老い支度③ 老いを見据えて変えて快適になったこと

日々の片づけがラクになる空間づくりと「なくても平気」がスッキリのもと。生活研究家・消費生活アドバイザー阿部絢子さんに住まいの老い支度について教えていただきました。

February 5, 2018

内容紹介

旺盛な物欲のままに買い物をし、物をため込み続けてきた著者が、暮らしの変化の節目ごとに立ち止まって生活を見直してきた実感を込めて伝える、老いて快適な住まいの整え方。「若い頃のようにパパッと片付けられない」「物が多すぎて、手がつけられない」、という人も、心が軽くなる言葉が満載。「捨てればいいってものじゃない! 好きな物を手元に残してもOK! ただし、老いての整え方がある」という著者によるヒント集。

目次

  • ■第一章 「まだ大丈夫」、それが後悔のはじまり
  • 片づけを後回しにした私の50代。「まだ大丈夫」、それが後悔のはじまり
  • 70代の片づけの落とし穴。住まいの老い支度を早めに始めるほうがいい理由
  • 「暮らしの仕組み」を考えるヒントは、日々の不便の中にある 他
  • ■第二章 将来を見据えた暮らしの仕組みづくり
  • バリアフリーにする前にフリースペースを確保
  • 住まいの空間を「ハレ」と「ケ」に分ける
  • 棚の位置は「手の届く範囲」が変わることを計算に入れる 他
  • ■第三章 暮らしの快適モードづくりのコツ
  • 自分で整理しきれない時は家族に手伝ってもらう
  • 長く健康でいられるために必要な3つのこと
  • 誰でも身につく片づけのルール。合言葉は「必要ですか?」  他
  • ■第四章 「暮らし方」は「生き方」
  • 心が軽くなる呪文「ま、いいか」
  • スッパリやめた煩わしい習慣
  • 「老い」は嘆くよりも受け入れて考え方を変えてみる
  • 負担に感じる付き合いはキッパリやめる  他

書籍情報

製品名 案ずるより、片づけよう 住まいの老い支度
著者名 阿部 絢子
発売日 2017年06月15日
価格 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-220623-5
判型 四六
ページ数 176ページ

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本