twitter
insta
facebook
Youtube

講談社くらしの本

究極のソフトタッチで肌がよみがえる! 米澤式健顔をやってみよう

twitter
facebook

究極のソフトタッチで肌がよみがえる! 米澤式健顔をやってみよう

twitter
facebook

究極のソフトタッチで10〜15分間、クレンジングマッサージをおこなう、という「米澤式健顔」。不要な角質をきちんと落とすことで、うるおいのあるフレッシュな角質が常に顔を出せる、代謝力の高い肌を取り戻せるというわけです。
最新刊『人生が変わる洗顔 顔を洗うだけの銀座の小さなサロンが14万人の肌をきれいにしたシンプルな方法』(講談社)より著者の米澤房昭先生に、簡単にそのプロセスについて解説いただきます。

米澤式健康のプロセスは非常にシンプルで、下記の4ステップ。

クレンジングクリームを用いたマッサージ

洗顔料での洗顔

化粧水で肌を引き締める

乳液で肌を保護

※不要な角質がきちんと落ちれば肌はみずからうるおうようになりますから、最終的に「乳液をつける」というステップは必要なくなります。

では、それぞれのステップについて解説いたします。

「クレンジングクリームを用いたマッサージ」
クレンジングクリームを、おでこ、鼻の頭、両頬、あごの5ヵ所にのせます。続いて頬、おでこ、フェイスライン、鼻の頭、鼻の脇、くちびる、目まわりを、やさしくマッサージをしていきます。このとき、指先だけでなく、指の第二関節から上の部分全体を使って、圧を分散してマッサージすることがポイントです。最後はぬるま湯で丁寧に洗い流しましょう。

指を反らせたり、指先だけで肌に触れると、肌に圧がかかりすぎるのでNG。肌が動くか動かないかくらいのソフトタッチで行います。

指を反らせたり、指先だけで肌に触れると、肌に圧がかかりすぎるのでNG。肌が動くか動かないかくらいのソフトタッチで行います。

「洗顔料での洗顔」
濡れた手の中央に洗顔料を乗せ、両手のひら全体に広げたら、頬からおでこまで大きくクルクルと回して、洗顔料を泡立てます。さらにおでこ、目元、鼻の頭、鼻のサイド、口元もさっと洗って、ぬるま湯で洗い残しがないようしっかり流します。洗顔料を顔に乗せている時間は、1分以内に止めることが大事です。

洗顔料は泡立つときに汚れを吸着します。ですから、手の平で泡立てるのではなく、顔の上で泡立てましょう。

洗顔料は泡立つときに汚れを吸着します。ですから、手の平で泡立てるのではなく、顔の上で泡立てましょう。

「化粧水で肌を引き締める」
化粧水は、少量ずつ3回に分けてつけます。1回に使う量は10円玉ぐらい。これを両手に広げたら、頬〜顔全体、おでこ、口元、フェイスラインに、ピタピタとやさしく叩き込むようにつけましょう。

クレンジングでゆるんだ毛穴を引き締めるために、引き締め系の化粧水を使います。

クレンジングでゆるんだ毛穴を引き締めるために、引き締め系の化粧水を使います。

「乳液で肌の保護」
化粧水だけでは乾燥するという人は、パール1粒程度の乳液を指全体に広げ、乾燥しやすい目元、口元をやさしくタッピングします。最後は、残った乳液で顔全体をタッピングしてください。

肌が健康で古い角質がきちんと取れている状態であれば、化粧水だけで肌は十分うるおっていますが、まだ古い角質が取りきれていない状態だと乾燥してしまいますので、乳液で保護しましょう。

肌が健康で古い角質がきちんと取れている状態であれば、化粧水だけで肌は十分うるおっていますが、まだ古い角質が取りきれていない状態だと乾燥してしまいますので、乳液で保護しましょう。

いかがですか? ステップはシンプルですが、マッサージの圧が強すぎたり、洗顔時間が長過ぎたりすると、フレッシュな角質層まで落として、かえって肌を傷めてしまいますので、米澤先生の著書、または『米澤式健顔』サロンのHP動画を見て、正しい健顔法をおこなうようにしてください!

内容紹介

乾燥、シワ、シミ、たるみ、大顔までも!
あらゆるトラブルを改善に導く究極の洗顔法

「つけるケアより落とすケア」をモットーに、
究極のソフトタッチによる洗顔マッサージで、
14万人の肌をきれいにしてきた銀座の小さなサロン『米澤式健顔』。
古い角質をきちんと落とすことで、肌の代謝力を取り戻す、という洗顔法で、
乾燥やシミ、たるみ、ニキビなどあらゆる肌トラブルが改善しています。

本書では、実際に「肌悩みが改善した」という人たちのエピソードと
その改善理論を、肌トラブル別に紹介。
また、読んだ方が自宅でもおこなえるよう、
洗顔プロセスも詳しく解説しています。

目次

  • 第1章 米澤式健顔とは
    第2章 乾燥肌
    第3章 たるみ肌
    第4章 シワ肌
    第5章 毛穴肌
    第6章 シミ肌
    第7章 大顔
    第8章 ニキビ肌
    第9章 アトピー肌
    第10章  健顔のやり方

書籍情報

製品名 人生が変わる洗顔 顔を洗うだけの銀座の小さなサロンが14万人の肌をきれいにしたシンプルな方法
著者名 米澤 房昭
発売日 2017年12月01日
価格 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-299886-4
判型 四六
ページ数 160ページ
電子版製品名 人生が変わる洗顔 顔を洗うだけの銀座の小さなサロンが14万人の肌をきれいにしたシンプルな方法
シリーズ 講談社の実用BOOK

人生が変わる洗顔 顔を洗うだけの銀座の小さなサロンが14万人の肌をきれいにしたシンプルな方法

著者 米澤 房昭

人生が変わる洗顔 顔を洗うだけの銀座の小さなサロンが14万人の肌をきれいにしたシンプルな方法

著者 米澤 房昭

あらゆるトラブルを改善に導く究極の洗顔法

“米澤式健顔”は、特別なことはまったくしていません。ただ丁寧に洗って、肌の新陳代謝を促すことで、肌本来が持つ力を引き出すという、非常にシンプルなもの。本書では、実際に「肌悩みが改善した」という人たちのエピソードと その改善理論を、肌トラブル別に紹介。 また、読んだ方が自宅でもおこなえるよう、洗顔プロセスも詳しく解説しています。

fllow us fllow us

このカテゴリーで紹介されている本